夫や息子を女をバカにする”クズ男”にさせないために!“下女マインド”を捨てる方法4つ

7319-00016-1
女は、男の召使いではない!

7319-00016-1


女は、まるで召使いのように男性に使われるだけ−−そんな思い込みはまだ根強いですね。
これを“下女マインド”と名付け、警鐘を鳴らしているのが、2004年から恋愛やセックスについてカウンセリングしてきた田中みっちさん。

田中さんは、

「女というだけで、男より下の立場。女の人生は損ばかり−−そんな思い込みを、私は“下女マインド”と名付けました。こうした女性は『自己肯定感』が低いため、男性に都合よく使われるだけの人生になってしまうのです」


と語ります。

こうした女性は、自分の幸せより家族を優先しがち。
女性は家事も育児も仕事も、すべてひとりで頑張るしかない−−。こうして、結婚生活に夢も希望も抱けない女性が増え、生涯未婚率は上昇傾向にあるのです。その一方で、夫をただの「お荷物」と切り捨て、シングルマザーになる女性も多くいます。
 
そして恐ろしいことに、“下女マインド”の母親が育てた子どもは、時に偏った人間になってしまう可能性が高いと田中さんは話します。

「“下女マインド”の女性が育てた女の子は、感覚が幼いまま成長し、生活力も経済力もなく、精神的自立もおぼつかない大人になります。『男性に愛されるためには、言われたことを受け入れなければ』と思い込み、依存型の性格に育ってしまう。一方、男の子の場合も、女性に嫌悪感を持ち、ひきこもりがちで、恋愛対象といえばマンガやアニメの二次元キャラクターというケースも多く見られます」



また子供が男の子の場合、これとは逆に女性への支配欲が強く、わがままで自分のことしか考えない人間に成長するケースもあるそうです。
息子を“クズ男”にするもしないも、母親次第。“下女マインド”の母親の多くは、過保護で過干渉という共通点があるといいます。
 
では、“下女マインド”から脱却するにはどうすればいいのでしょうか?
田中さんは次の4つのステップを教えてくれました。


【1】子どもや夫のためではなく、熱中できる“自分の世界”を持つ

0634a3a2ae10ce25b4dab60c96cb6ec1-620x414


「手芸でも、最近はやっている“大人の塗り絵”でも何でもいいので、家族のためだけではない“何か”があれば、自分らしさを取り戻せます。自分の時間や趣味に罪悪感を持つ人は、まだまだ“下女マインド”がこびりついています。母親が楽しそうにしていること自体が、家族にいい影響を及ぼすんですよ」



【2】衣食住に関連したことは、自分の好みを大事にする

e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s


「毎日の食事は、まず自分の食べたいものを優先させてみる。また、自分の好みのインテリアも選んでみましょう。滅私奉公はやめて、家族に合わせすぎないように」



【3】自分の意見を持つ

7de3dac7-78ce-4558-87c7-796054bb4ac9


「夫の許可や同意を気にしすぎて、言いなりになっていてはダメ。『夫がこう言っているから』を口癖のようにして、自分のやりたいことを諦めている人も多いのでは?『私はこう思う』『それはイヤ』など、自己主張すること自体は、悪いことではないのです」



【4】自分の「オンナ」の部分を許し、楽しむ

6bdf7d3b077dda445956debe439db06d


「女性は『母』であることはよしとされるのに、セックスを楽しんだり、女を謳歌することを嫌悪されてきました。しかし本来、自分の『オンナ』の部分を大切にすることから、自然と母性も生まれ、夫にも子どもにも優しくなれるもの。いくつになっても『オンナ』を楽しみましょう」



今までの負の連鎖を捨てて、家族みんなでハッピーになりましょう!
7319-00016-1