都合の良い女?「不倫に走ってしまう女性」の特徴5つ

「不倫に走ってしまう女性」の特徴とは

5860549ef3f00
出典:恋愛


愛した相手は既婚者だった…。
また、自身が既婚者でありながら他の人と恋愛関係になってしまった…。

好きな気持ちは誰にも止められないものだけど、その恋、本当にアナタを幸せにしてくれますか?
今回は、”不倫”という辛い恋愛に走ってしまう女子の特徴を紹介します。

当てはまってないかチェックしてみてくださいね。


1.すぐに謝ってしまう


口癖が、「ごめん!」「すみません!」になっていませんか?
ついつい何回も口にしてしまう人は要注意。
謝罪が多い人は自己肯定が低い傾向にあります。

そのため、甘いだけの恋愛関係にのめり込んでしまう事も。

自分を認めてくれる誰かを求めています。

とくに歳上の男性が好きな女性は要注意です。
既婚の歳上男性からしてみれば、歳下の可愛い女の子と遊び程度の付き合いかもしれませんが、女性の方が本気になってしまう事も。

不倫相手にとって都合の良い存在になると分かっていても、魅力的に見えて引き寄せられてしまうのです。


2.家族関係がよくない


「家族とうまくいっていない。」
不倫相手の常套句ですが、これには幼少期のトラウマが潜んでいることがあります。
家族との過去の想い出に、良いイメージがないためで、結婚後に何も問題がないと結婚相手が感じていても、本人は満たされないのです。

不倫カップルの多くがトラウマを抱えています。
小さい頃、両親のどちらかが家から出ていった…。

親も不倫していたなど、そうした幼少期のトラウマを不倫という刺激的で危険な恋で埋めてしまう危険性も。

また幼いことに受けられなかった愛情を、不倫相手に求めてしまう場合もあります。

不倫は嫌だけれど、ひとりになるのが怖くてズルズルの関係になってしまうということもあるでしょう。


3.真面目


我慢強く、愚痴も少ない、周りにココロを許せないため、素を見せられない、甘えベタ。

そんな「いい子」が意外と不倫していたりします。
我慢することによって生ずるストレスをうまく発散できず不倫に走ってしまうのかもしれません。

不倫はよくないことと知っているから、周囲に恋愛相談したいけれどできない。
そんな秘密も、いい子を貫いた女性には刺激的に感じてしまうのかも。


4.情にもろく、尽くしすぎる


他人にプレゼントをあげるのが好き。
そんな愛情深い人が一歩道を踏み外すと、利用される存在になってしまいます。
気づいたらつくしすぎてヒモ状態…なんてこともありえます。


優しさから、その人との関係が始まってしまう事もあるかもしれません。

「家に居場所のない彼がかわいそう」
「彼の奥さんはいつも彼を後回しに…」

私はこんなに彼に尽くしているのに。
私の方がきっと向いている。

そう思っている女性もいるかもしれません。

しかし不倫による慰謝料の相場は100~300万程度。

明確な基準がないにしても、安い金額ではありません。

例え略奪愛が成就しても、相手に子どもがいれば養育費が発生するかも知れません。

不倫は、あなたとその他大勢生活を変えてしまうという覚悟が必要です。


5.ひとりの時間が苦手


ひとり部屋や人混みの中で過ごしていると、ふと寂しくなる瞬間がある。
1人で過ごす時間が耐えられない。

そんなことありませんか?

クリスマスなどのイベントの度に恋人をつくったり、寂しくなると男性を家に呼んでしまったり…。
その内に都合のいい関係が心地よくなってしまう危険性が!

寂しさを誰かといることでしか埋められない女性は、不倫男性のかっこうの獲物。

ちょっと甘い言葉を囁かれると、あっという間に彼の虜…なんてことが起こってしまうかも。



いくつ当てはまる部分があったでしょうか?

不倫で都合の良い存在にならないためには、当てはまってしまった特徴を少しずつ改善していきたいですね。