「いい年してその格好って…」と思う男性の服装6パターンとは?

shutterstock_301290950
「いい年してその格好って…」と思う男性の服装

shutterstock_301290950


大好きな彼であれば、デートに出かけることも多いでしょう。

しかし、デートの場に着て来た彼の服装を見て、「いい年してその格好って…」と思ってしまったことはありませんか?

そこで”年相応に見えない男性の服装”について、働く女性に教えてもらいました!!


■色や柄が派手すぎる服装


・「明らかに生地が安っぽい。色や柄が派手。若い人なら理解できるが、いい年してるともう少しマシなのにできないのかと感じてしまうから」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「若者が着るような原宿系の服や派手なネオンカラーの服。いい年しているのに無理に彼らのファッションについていこうとしているのがダサいから」(32歳/アパレル・繊維/営業職)

年を取るとなぜか落ち着いた色柄より、派手な色柄を好むことが……。ただ見た目の問題は派手な色柄でごまかせるどころか、かえって年が目立ってしまうことも!


■Tシャツにジーンズは年を取ると厳しい?


・「Tシャツにジーンズ。痩せた体型を維持している人ならまだしも太っている人は見苦しくて仕方がない」(30歳/その他/その他)

・「50手前のおじさんがダメージジーンズを着ているとき。似合ってるならいいが大抵似合ってない」(26歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ラフでかっこいいTシャツにジーンズ姿ですが、年齢が行くとラフというよりだらしない印象に見えることも。お腹が目立ってくるせいでしょうか?


■ヨレヨレつんつるてんな服装


・「穴が空いた靴下とかヨレヨレのTシャツとか、ある程度の年齢にいっててそういうだらしのない格好はいただけないです」(28歳/その他/技術職)

・「中学生がそのまま大きくなったみたいなヨレヨレつんつるてんな格好」(30歳/機械・精密機器/技術職)

首回りや裾が伸びきっていたり、シワでヨレヨレだったりする服装は見た目にあまり良くないですよね。大人なら質のいいものを身に着けていてほしい?


■ホスト系・ビジュアル系の服装


・「ミュージシャンでもないのに、ビジュアル系やギャル男系のファッションをしていること。若くても人を選ぶのに痛々しい」(31歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「一昔前のホスト風。フェイクファーが固まって束になっている」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ホスト系・ビジュアル系の服装は遊び人風に見えてしまい、女性からは嫌われやすい服装ですよね。それに年が加わると、余計に悪目立ちしてしまう?


■短パンは「違うんじゃないか」と思う


・「アラフォーでお腹も出てるおじさんがハーフパンツを履いてるのを見たことがあるけど、正直全く似合ってないし裸の大将みたいだった」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「おじさんの短パン姿。暑いのかもしれないけれど、外では違うんじゃないかなぁと思う」(32歳/医療・福祉/専門職)

カジュアルでラフな短パン姿も、いい年齢の男性がはいていると違和感を持たれやすいよう。部屋着に近い服装に見えてしまうのかもしれません。


■腰パンはよりだらしなく見える


・「腰パン。高校生でもだらしなくみえるのに、大人がやるともっとだらしなく見えるから」(29歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「腰パン。腰パンは私が中学高校で流行ったから、腰パンしてる人を見ると、まだ中学高校の気分が抜けきれてないように思う」(26歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

若い人がやってもだらしなく見えやすい腰パン。いい年齢の男性がやるとなおさら目立ってしまいますよね。大人だからこそ似合う服装があるはずなのに!



センスや趣味が思い切り出てしまう服装。
しかし、”好きな服”と”似合う服”というものは別なんだな、と今回のアンケートに思い知らされたような気がします…。

恋人と、似合う服装について話し合ってみるのもいいかもしれませんね。
shutterstock_301290950