良かれと思ってやったけど…「彼ママに激怒されたこと」3選

彼ママ
良かれと思ってやったけど…「彼ママに激怒されたこと」

20161002205211


今後、もしかしたら自分のお母さんになるかもしれない彼の母親。

はじめて挨拶に行く時などはドキドキですが、もちろん育った環境が違うので、自分ではよかれと思ってやった行動が彼ママには注意されてしまった…なんてこともあるかもしれませんね。

今回は、そんな経験をした女性たちのお話をご紹介します!


(1)「お茶をお手伝いします」と言ったら...


「彼の家に遊びに行った時に、『いまお茶をいれますね』と言われたので、『お手伝いします!』と言ったんです。

よく女性誌とかでも、『このお茶の手伝いをするかどうかで、母親の印象は変わる』『絶対に手伝うべし!』などと書いてあったので、それはもう必死でした。

彼ママと一緒に台所へ行き、湯飲みを探すために戸棚を開けて探していたら...彼ママは冷たい目で私を見ながらひとこと...。

『人様の家の戸棚を勝手にあけるのは失礼よ。“コップはどこにありますか?”、“この戸棚、開けてもいいですか?”と、聞くべき』と、怒られました...」(Yさん・30歳)


(2)彼ママの手料理を一生懸命食べたら...


「彼の実家に挨拶に行き、彼ママが作ってくれる夕食をご馳走になることに。かなり豪華で、量がたくさんありました。

4分の1ほど食べたくらいで、もうお腹がパンパンだったのですが、残すと失礼だと思い、『美味しいから、たくさん食べれちゃう!』と必死に食べました。

でも食後に、片付けを手伝っていたら、彼ママから『人の家で、あんなにガツガツ食べるのはみっともないから、やめたほうがいいわよ』と...。

残されたらイヤな気持ちになると思って、お腹がはちきれそうになりながらも一生懸命食べたのに...。涙がこみ上げるほど、悲しくなりました」(Kさん・29歳)


(3)お寿司で安いネタを食べたら...


「彼のご両親に挨拶に行った時に、お寿司の出前をとってくれたんです。一人前ずつ個別になってるのではなく、大きな桶に入っているもので...。

いろんなネタがあったんですが、私がウニやトロを食べるのは失礼だと思って、イカやタコ、玉子などの質素で安そうなものをいただいていたんですが。

食べ終わって『美味しかったです』と言ったら、彼ママは『私が好きなイカやタコとか、ぜ〜んぶSさんに食べられちゃった!』と、嫌味のように言われました。

『謙虚でいい子だな』と思われるのを期待して、良かれと思って質素なネタを食べたのに...」(Sさん・30歳)



自分はこれで良いと思っても、相手からすれば非常識なんてことも…。
彼のお母さんに会う時は、誤解を招かないようにしたいですね。
彼ママ