【面倒な人】警察「あの~ちょっといいですか」俺「これって職務質問ですよね。拒否します」警察「拒否って…」→断ったら金もらえたwww

警察官の欠陥人間っぷり、


嘘は警察官の始まりと呼ばれる由縁


俗に言う無法ポリスに俺は出会った


俺は普通に買い物に行くために家を出た


バックの中に財布と携帯を入れていた


コンビニでよかったのだが、もう少し遠くに行くと


アイスが安かったため、遠出することにした


ちなみに今は4月22日だ。


すまん、この時が4月22日の出来事だったんだ 


奴らがいた


家を出て10分ぐらい歩いたところで出会ってしまった


正直、関わりたくないので、ちょっと道を外れて奴らに


見つからないようにしていた。


だが、その行動が怪しかったらしく奴らは俺に声をかけてきた。


 


警察(以下K)「あの~ちょっといいですか。」


俺「なんですか。」


K「これからどちらへ?」


俺「どうしてですか?」


K「え?」


俺「どうして、私の行く場所をあなたに言わなくてはならないのですか?」


K「・・・・・・・・。」


 


次ページへ続きます






俺「これって、職務質問ですよね。」


K「え?ええ、そうですが・・・」


俺「私は用事があるのであなたたちに構ってられません。拒否します。」


K「拒否って・・・。」 どうやらこいつは拒否されたことは初めてだったのらしい。


馴れてないらしく、もう一人の警官(以下K2)が俺に詰め寄ってきた


K2「あなたの家はこの辺?」


俺「答える義務はないですね。」


K2「あなたの名前は?」


俺「答える義務はないですね。」


K2「なぜ?」


俺「法律的にですよ。警職法ぐらい知ってますよね。」


K2「知ってるよ。でもね、これぐらいの質問には答えてもらわないと。」


俺「義務がない。もう行きます。」


K2「待て」


そう言ってK2は俺の前に立ち、通行を妨げてきた。


 


次ページへ続きます






最も、だが、拒否することもできるから


どっちを選んでも50、50だろ?


どっちが悪いか、いいかなんて個人が決める問題


この時点で、俺は携帯を取り出し、証拠を取りに行く(録画開始)


俺「撮らせてもらいますよ。」


K2「いいですよ。いくらでも」


俺「まず、あなたがやっていることは違法です。職務質問を強要していますからね。」


K2「強要はしていないですよ。ただ、お願いしているだけで」←なんか敬語になってる


俺「その前にあなたが本当の警察官かどうか、手帳を見せてもらいますか?」


K2「・・・断りますwww」


俺「は?お前馬鹿か?警察官は警察手帳の提示を求められたら


提示しなければならない。警察手帳規則にかいてあるはず。」


K2「なら、あなたも提示してください。身分証を。」


俺「身分証を提示しなければならない根拠をどうぞ。」


K2「職務質問しています。」


俺「ええ、そうですね。しかし、職務質問だけでは提示義務など起きないのですよ。


あなたは高卒ですか?とにかく早く警察手帳を提示してくださいよ。」


K2「この服装見て解らんのか。」


俺「さて、その服装で本当にあなたが警察であるのかどうかは誰が証明するのですか?」


K「・・・・」


 


次ページへ続きます






転び公房阻止のために証拠映像を撮っている 


Kがなんか応援読んできたみたいだ


ちなみに、この時すでに40分はたっていた


応援には4人駆けつけ。合計6人で俺を責めてきた


KKKKKK「あなたはどうして拒否


(ryなぜ答えられない(ry やましいことが(ry」


俺「あのですね、私は一人しかいないのですよ。


だから一人とか議論できないわけですね。この中で一番階級の高い人はだれですか。」


 


K3「私が巡査長ですが。」


俺「私はあなたとのみ話をします。いいですね。」


 


K3「構いません。」


俺「あなたのやっている職務質問は程度を超えています、これは違法です。


まず、警察手帳を提示しないことに問題があります。


あなたは部下にどのような教育をなさっているのでしょうか?


私は拒否しました。よって職務質問は終わるべきです。」


 


K3「そうですね。・・・しかし、あなたの挙動が不審なので。」


ちなみにこのK3はすでに警察手帳を提示している。


 


俺「挙動が不審とか関係ないのですよ?いいですか、日本は法治国家、法律が絶対なのです。」


 


K3「でもですね、協力してくだしあって言ってるんだから協力したら・・・」


 


俺「でもじゃないってなんど言えばわかるのかテメェは、


日本は法律で縛られてるって言ってるだろカス。ノンキャリアかテメエも


いいか、警職法で、過度な職務質問の取り締まりが強化されている。判例って知ってるよな?


2時間半におよぶ職務質問でそれが違法だと判決が出たのをしってるか?」


 


K3「知ってますが、あなたの挙動が不審で、こちらとしても、そーですか。


で終わらせるわけにはいかないのですよ。」


 


俺「そう、ならお前は法律を無視して、職務を執行すると?」


 


K3「そうは言ってないですよ。」


 


俺「ならどうして私に職務質問を強要するのですか?」


 


K3「強要はしていない。」


 


俺「任意と言う名の強要ですが?」


 


この時、すでに野次馬がちらほらと見えていた


 


次ページへ続きます






野次馬を利用しない手はない


そう考えて、俺は呼びかけることにした


ちなみにこの時すでに2時間以上経過しており、


会話は「拒否」「しかし」の繰り返しの平行線だった


携帯の録画も3回やりなおした


正直、充電がキレたら終了だと思っていたが、最後まで持つことになる


俺「みなさーん。聞いてください。今、違法な警察官が私に違法な


職務質問を強要しています。誰か助けてください」


 


K3「ちょっと別に違法なことはしてないじゃないですか。」


 


俺「2時間以上も拘束して、まだ違法なことはしていないって?お前、日本なめてるよ。」


 


俺「言っとくが今回のできごとは必ずお前の部署に通達して、それなりの対処をしてもらいますので。」


 


K3「できるわけないでしょうwww」


 


俺「・・・・・・。」


 


この時、マジでこいつらは高卒だと思った。


俺は、近くの公衆電話に駆け寄り、赤ボタンを押して警察に通報した


 


次ページへ続きます






俺「もしもし、今、違法な職務質問を受けているのですが。」


 


電K「はい?えっと、すいません、どこでですか。」


 


俺「○○のところで、私の名前は○○といいまして、買い物に出かけるとき声をかけられまして」


存分に違法警察ぶりを話した


 


電K「失礼ですが、その●●(巡査長の名前)に変わっていただいてもよろしいですか。」


俺「わかりました。」


 


K3「変わりました。」


この時、K達は俺が通報したのだと知り、あきれ顔になっていた


この時何を話していたのかはわからないが、K3は普通に対応していたので、怒られていたのではないようだ


 


K3「終わりました。」


俺「もしもし、それでそういった内容を?」


 


電K「申し訳ございません。長時間の職務質問にお詫び申し上げます。


すでに名乗ってくださいましたので、目的もはっきりしましたし、職務執行は中断するとのことです。」


俺はあきれた。名前を名乗り、目的をはっきりさせたら終わりか


 


俺「そうですか。」ガチャッ


 


K3「あなたもですね、いちいち断らずに素直に答えればよかったのに。」


俺は尚もあきれた。詫びることもせず、罵倒とは・・・。


 


次ページへ続きます






素直に答える それで市民の人権は守れるのだろうか ますます暴力警官が増えるだけではないのか これだから欠陥人間の塊なのだ 警官が立ち去った後、買い物をやめて家に帰った そして、携帯に保存してある2時間56分に及ぶ動画をPC内部に転送して、保存 一本につなげて、DVDに焼いた 俺は公安委員会に手紙を出した この経緯と、証拠DVDを添付して郵送で送った


 


5月15日 返事が来た


遅すぎる返事だクソヤロウ


さて、公安の手紙はまさに神からの一手だった


内容はうろ覚えだが、こう書いてあった


「○○様、先日の件について遅くなりまして申し訳ございません。


ついては、警官による長時間の職務質問による拘束、


違法な行為に厳しく罰したいと思います。


最高裁による判例でも、3時間超過に及ぶ職務質問には職務の執行を超え、


十分違法であると認められております。


さらに、警察手帳を提示しようとしない、拒否権があるのを知らない


無知な警察官に対しては一層厳しい対応が求められると思います。


無法ポリスの増加に歯止めをかけたいという思いに対しまして、


こちらのほうでも十分な対応をしたいと思っておりますので、


○○様とともに●署に行くことを考えております。」


ってな感じの文書が着た。


俺は公安に暴力警官の増加の歯止めとか、野放しにしておけないとか


書いていたから、これは本当にいい対応だった


公安のメールが書かれていたから、そのメールに6月中なら行けますと書いて送った 



結局、そのメールの返事が3週間


マジで遅すぎるわ、メールだぞ?もしかして見てないのか?


と思っていたが、普通に返信が来た6月は、いろいろ忙しいらしく、7月21日のみOKとか抜かしやがった


こいつ、やる気あんのか?と思ったが、もう仕方ないのでそれで行くことにした


7月21日


公安の男の人と二人で署に出向いた


公安が話を通しておいたらしく、中に入ると早速、署長と対面


実は、公安と、この署長の都合が会う日が7月21日だったらしい


すでに電話口で話す内容は決まっていたが、すこし難航した


その6人も応接室に呼ばれたが、意味不明なこと抜かしやがるので、公安が追い出した


やつらは相当自分の処分について怖かったみたいだ


そこで巡査長のみ呼び出し、事実の有無や、ビデオが編集されていないかなどの


確認をとり、この巡査長は全て事実であると認めた


正直意外だった


この日はそれで終わった


マジかと思ったが、今日だけで4時間も対談したので正直疲れた


ちなみに今日行ったのは


・事実の確認


・相手警官の言い分


の二つだけ事実の確認がすげえ時間かかったんだ


ビデオは3時間近くあるしな


その帰りに公安の人と店に入り、これからの対処を話し合った


公安の人が言うには、


・裁判を起こす


・示談で了承する


の二つ、許すっていう選択肢がなかったのがおもしろかったわ


まあ、正直俺も、お人よしではないし懲戒免職で


相手の人生狂わすのも楽しいかなと思ったわけ


それで次は7月30日に行くことになった


 


7月30日 俺は裁判を起こすと決めていた こいつらの人生を潰すのも楽しいしな なんらかのニュースになるだろ そう思っていた が、いざ、裁判を起こすのでと行ったら、相手が異常に動揺 「それだけはやめてくれ」と抜かしやがる カスが。世の中そんなに甘くないんだよ そして、相手が一言 「示談でお願いします。このことは、ここだけの話として、示談金で全てなかったことに」 公安の人は「あなたがいいなら」と言ってくれたが、さて、どうしようかと悩んでいた俺だった 俺「示談ならいくらで落ちるのですか。」 署長「30万円でそうですか。」 俺は即座に了承した 30万貰えるなら全て水に流そうじゃないか しかし、相手は思わぬ条件を出してきた 「今回の騒動に関する証拠品を全て没収させてください」と


 


次ページへ続きます






なるほどと俺は思った 


今回の騒動を消すというのはこういうことか 流石は警察・・・徹底してやがる 俺は関心してしまうが、没収はいやなので処分ということで手を打った 公安「あなたがいいならいいですが、警察官の取り締まりはどうお考えですか」 俺「もう、いいんじゃないですか。こうやって謝ってもらってますし。」 公安「そうですか。もちろん当事者のあなたがいいならいいんですが。」 公安も渋々了承 そして、8月7日 公安の手紙、俺が送った手紙、携帯のビデオ、


公安に送ったメール、届いたメール、DVDすべて処分した もちろん奴らの目の前で そして、この事件は終わったのだが、最後に俺は 「このことを著名でブログや掲示板などに書くことはいいですね。」 と念を押し、著名で、特定できない限りならと許可をもらった。


 


さて、スレも盛り上がってきたが、


お前らも職務質問にあったら一度断ってみればいい その時、ビデオ撮影は絶対しろよ あと、メモ書きとかいろいろ 相手がビビるからな 逆職質もおもしろいぞ まあ、やりすぎると公務執行妨害で逮捕っていうのもあり得るが 最後まで読んでくれた奴ありがとう 法律を武器にするのはいろいろと捗るぞ