今日はお客様にサービスする事は出来ません。とウエイターが言った訳は?

hu-j3
hu-j

その出来事はアメリカのテキサス州ヒューストンで起こった。

地元民からも愛されるレストラン、LAURENZO’Sに常連の家族が来ていました。

そのキムファミリーの息子である五歳のマイロ君はダウン症でもあります。

彼らはいつも通りお気に入りのお店で楽しいひと時を過ごしていた時でした。

hu-j2
ああいう特別な子は特別などっかに行けばいいのよ

ウエイターであるマイケルさんは耳を疑いました。

さっきキムファミリーの隣に居たはずの家族が別のテーブルに移っていたのです。

そのテーブルからこんな声が聞こえてきました。

「ああいう特別な子は特別な別の場所に行けばいいのよ」

その言葉をキムファミリーが聞いていたかはわかりません。

ですがマイケルさんはその家族にこう言ったのです。

「申し訳ございませんが、本日お客様にサービスは出来ません」

そう言うとそのテーブルの家族は怒って帰っていきました。

マイケルさんはのちのTVのインタビューで話していますが、

「彼が特別(ダウン症)だと言って差別するならそれは、肌の色で差別するのと一緒だよ」

お店のオーナーでもあるビルさんにその話をすると、

「場面よっては、お客がいつも正しいわけじゃないからね。
僕たちは子供を見守っている立場でいなくちゃいけないよね」

hu-j3

店員とお客という目線ではなく、同じ人間として誠意ある行動をとったマイケルさん。

マイケルさんの勇気ある行動によって、

彼らにとってこのレストランが”本当の意味での特別”な場所になったに違いありませんね。

hu-j3