指原莉乃「すぐにでもAKBをクビに!」と島崎遥香に大激怒!!なぜここまで対立してしまったのか?

事件は、『週刊少年マガジン』の表紙

cover_2016wm_no40


HKT48の指原莉乃(23)とAKB48の島崎遥香(22)の対立が深まっているという。

AKBの関係者が口を開いた。

「ある事件が起きたのです。6月のAKB選抜総選挙で上位だった8名が、8月31日発売の『週刊少年マガジン』で表紙とグラビアに、水着姿で登場する企画があったのです。しかし、島崎だけはチェック柄のワンピース姿でした」



ひとりだけが水着ではないというのは、とても浮いてしまうもの。

なぜ島崎だけがひとりだけワンピース姿なのか?

そこには、島崎の”わがまま”とも取れる理由があった。


4d33a5148d571ec7bd00feaa6d972d68d5e86bad1439013000


「すでに卒業を決意している島崎は、グループ活動に関して完全にやる気をなくしています。そのため、少年マガジンには全員が水着姿で出演するという決まりに従わず、『絶対に水着にならない』と強硬に拒否していました。そのため仕方なく、島崎だけワンピース姿で写真に写るという措置がとられたのです。ほかのメンバーはその特例措置が許せず、島崎は孤立を深めています」(同)



メンバーの中でも最も怒りをあらわにしたのが、6月のAKB選抜総選挙で
連覇を達成した指原だったという。

sashihararino2028229


「指原は総選挙8位の島崎に対し、『何で水着を着ないの? みんなが着てるんだからおかしいでしょ!』と叱りつけたというのです。しかし、島崎はほとんど指原を無視したため、両者の対立は修復不可能になったのです」(芸能記者)



指原と島崎の対立は、今回のことが初めてではないそうだ。
以前にも、こんなことがあったという。

2015年11月に、島崎が『ぱるる選抜』というメンバーのプロデュースをする会見で、
選考基準を「顔重視」と言ったうえで、具体例として指原のことを「不合格」だと
きっぱり言い切ったのだ。

「顔が不細工だと言われたに等しい指原は、今回の件で『水着になれないような女は、すぐにでもAKBをクビにすべき』だと、強硬にAKB運営に主張したそうです。一方の島崎は、『いつまでもAKBにしがみついているような人なんか関係ない』と周囲に語っているそうです」(同)



関係の悪化は、既に修復が難しいところまできているのかもしれない。

島崎が卒業を意識しているのであれば、「立つ鳥跡を濁さず」を貫いてほしいところだ。