松本人志、ワイドナショーで共演したベッキーに”松っちゃん流”の励ましを送る!

およそ5カ月ぶりに地上波復帰したベッキーに

cusewugvuaaik1s
出典:Twitter


人気お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、10月9日に放送されたフジテレビ系
トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、およそ5カ月ぶりに地上波復帰を
果たしたタレントのベッキー(32)と共演した。
松本は今年1月にベッキーと不倫が発覚した、ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル
川谷絵音(27)との不倫騒動に触れつつ、"松ちゃん流"の励ましの言葉を送った。

川谷は、当時未成年だったタレント・ほのかりん(20)との交際、そして飲酒を認め、今年の12月
上旬から活動を自粛すると今月3日に発表した。そのタイミングと今回のベッキーの地上波復帰が重なったことにより、ベッキーの『ワイドナショー』出演のニュースは放送前から注目を集めていた。

松本は番組の冒頭で、スタッフから1ヶ月半程前にベッキーの出演の話を提案されたことや、承諾
した事などに触れ、

「例の彼がその週に何かあったら、それはイジらなアカンで」


と心配もしていたという。

結果的に川谷が自粛発表と重なってしまったことについて、「話題集めみたいにするのは本当に嫌なんですよ」と吐露しながらも、時折笑いを交えながらベッキーに自身の思いをこう伝えた。


854_20161008-728x382
出典:hitomoti




■松本人志からベッキーへ

昔、「関西芸人は2回売れないとアカン」とよく言ってて。大阪で1回売れて、ほんでまた東京出てきてもう1回売れないといけない。「関西芸人はきついで」とよく言っていたんですけど。

今考えてみると、それは関西芸人に限ったことではなくて。タレントは2回ぐらい売れなアカンのね。(ゲストのヒロミの方を向きながら)2回目。(ヒロミがテレビから遠ざかったのは)ベッキーみたいにこれという理由もなく!

ベッキーも1回あれだけ売れて。あれはある種、バブルじゃない? こういうことがなくても、あのままずっと続いていたとは僕は思わない。仕事は絶対にどこかで少し落ち着いていく時がある。

ベッキーはいい子やと思う。普通に「いい子」なのよ。それを周りが、それ以上に「いい子」に持ち上げすぎた。本人もそこにちょっと乗っかってしまって。途中からつま先立ちみたいに。だから、足元が疎かになっていた。

(その後、ベッキーの今後についての話題になり)ここからベッキーは何を武器としていくのか。ベッキーの良いところと悪いところというか。ベッキーって「汚れ」じゃない。「汚れ」じゃないから、無理矢理下ネタをワーッというタイプでもない。矢口(真里)みたいに「汚れ」じゃないからね(笑)。

急に変わった感じはクソ寒い。ちょっとずつうまくマイナーチェンジというか。「サッポロ一番」みたいに、実はちょっとずつ味を変えてるみたいに。



ベッキーの出演、そして松本の励ましについて、視聴者の反応は…







久しぶりに地上波に姿を見せたベッキー。
松本の励ましを胸に、今後も頑張ってほしい。