川谷絵音、活動休止で吹っ飛んだ3億円!!収入格差でそろそろメンバーにも「ゲス」だと思われる!?

『ゲスの極み乙女。』『indigo la End』活動休止

f39e83c3


10月19日、東京・渋谷クラブクアトロで行われた『indigo la End』の公演。
メインバンド『ゲスの極み乙女。』に先がけて自粛期間に入ることから、ボーカルの川谷絵音は、

「今日が最後のライブなんですけど、いつかボリューム2をやりたいと思うので来てください。またどこかでお会いしましょう」


と挨拶した。

すっかり意気消沈かと思いきや、その表情は意外なほど明るかった。
その理由を、レコード会社関係者はこう話す。


01


「ゲス極については、3枚目のアルバム『達磨林檎』の配信リリースやCD発売をいったん中止しましたが、11月10日から12月3日までのワンマンツアーライブは決行します」



これにはフジテレビ系『バイキング』の司会者・坂上忍も「ミュージシャンの方だから、(自粛期間に)曲作りしていればいいんですよね?」とのコメントを出した。

実際そのとおりのようで、「ツアーが終わると、次の楽曲制作に没頭するのみ」だそうだ。

自身のツイッターで川谷本人は否定したものの、“1年休んで復帰へ”という報道が事実なら、さほど痛手は被らないが、具体的に検証してみると、メンバーとは大きな収入格差が生まれることになる。


3億円が吹っ飛ぶ

maxresdefault


前出のレコード会社関係者の話はこうだ。

「2枚目のアルバムは累計約10万枚の売り上げ。ニューアルバムも同じくらいの売り上げ枚数を見込んでいました。

 とすれば、アルバムは1枚平均3000円なので約10万枚を売り上げると3億円となります」



それほどの収入が吹っ飛んでしまったことになる。
また、年末から来春にかけて開催される音楽フェスへの影響を語るのは、音楽イベント会社関係者だ。

「『ゲス極』のライブ出演料は1ステージ約200万円といわれています。'13年、'14年に出演していた年末のライブ『COUNTDOWN JAPAN』などへの出演が今年も浮上していたそうですが、白紙になりました」



そんな中、所属事務所は、活動自粛中のメンバーの生活保障はしていくようだ。

ここで、とんだ格差が生じることが判明した。

「ゲス極は川谷さんと他3人のメンバーを合わせ4人で構成されています。現在発売されているCDが売れれば原盤印税が入り4等分となります。

 ただ、カラオケで彼らの楽曲が歌われた場合、作詞作曲を手がけている川谷さんにだけ作詞作曲の印税が入ります。他メンバーには原盤以外の印税は入らず、収入に大きな差が出てしまうんですよ」(前出・レコード会社関係者)



つまり、活動自粛の原因となった川谷の方が、他のメンバーよりも収入ダウンが少なく済むことになる。
これは、『indigo la End』でも同様だ。

それでは、真面目に音楽に取り組んで来たメンバーからすればとんでもない話である。
川谷が仲間からも「ゲス」だと思われる日は近いかもしれない。