小林麻央 手術前に”父だけ泣いていた”と告白「私の知らなかった部分の父を感じました」

手術前、父だけ泣いていた

c288fb


がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が昨日15日、自身のブログを更新。
手術の前に”父だけ泣いていた”ことを打ち明けた。

麻央は先月10月1日のブログで、QOL(生活の質向上)のための手術を受けたことを告白している。

そして、”男親”ならではの思いについて綴った。


15日、麻央は「父親」というタイトルでブログを更新。

今日、
タクシーの運転手さんが、
小さい女の子の写真を
飾っていたので、
「お子さんですか??」
と伺ったら、
愛情いっぱいの笑顔でした!

私も、小さい頃、父が
姉と私の写真をお財布に
入れてくれていたこと
すごくうれしかったのを
覚えています。

そういえば、

私の手術前、
父だけ泣いていたのです。

男親ならではの思いって
あるものなんだよ

と、年輩の男性が仰っていましたが


父の涙は、とても意外だったので、
私の知らなった部分の父を
感じました。

自分が感じてきたことが
全てではないのだと
あの時、すごく思いました。

親の愛情には
ただただ、感謝です。

出典:父親


と、タクシー運転手とのやりとりから、父親の愛について触れた。

麻央は10月1日のブログで「根治手術ではなく、局所コントロール、QOLのための手術」を受けたことを明かした。
また、9月20日にはがんがリンパ節や肺、骨に転移したことを、10月3日のブログでは、がんが「ステージ4」であることなどを明かしており、QOLの手術で、左胸のがんなどを摘出したとみられる。

ネット上では

親の娘を思う気持ちは
計り知れない
治って欲しいんです

多分どの親も同じだと思います。

お父様のお気持ちを思うと切ないね。こういうときは母親の方が強いけど、気持ちは一緒だろうね。

親だったら、出来たら自分が代わってやりたいと思う。
でも、それは不可能。
ただただ泣けてくる

子供が先にいなくなるって思ったら、普通の親は泣きます。

そりゃそうだよ。自分の子供が熱を出しただけでも心配なんだよ

私もステージ4で手術しました。あれから今月で10年になります。
手術後、母があまりしゃべらなくなりました。父を癌で亡くした母は、本当に辛かったのです。
でも、私は元気になりました。麻央さんも大丈夫!


と、共感の声が多数上がった。