ASKA、『覚醒剤逮捕』報道にブログで実況反論「間違いです」「陽性はありません」にネットは「どっちなの?」

Šo‚¹‚¢ÜŽæ’÷–@ˆá”½‚Ȃǂ̍߂ŋN‘i‚³‚ꂽu‚b‚g‚`‚f‚d@‚‚Ž‚„@‚`‚r‚j‚`v‚Ì‚`‚r‚j‚`”퍐–{–¼E‹{èd–¾‚ª‚R“ú—[AŒù—¯æ‚ÌŒxŽ‹’¡“Œ‹ž˜pŠÝi“Œ‹ž“s]“Œ‹æj‚©‚ç•ÛŽß‚³‚ꂽB
ASKA、逮捕の報道否定!!

Šo‚¹‚¢ÜŽæ’÷–@ˆá”½‚Ȃǂ̍߂ŋN‘i‚³‚ꂽu‚b‚g‚`‚f‚d@‚‚Ž‚„@‚`‚r‚j‚`v‚Ì‚`‚r‚j‚`”퍐–{–¼E‹{èd–¾‚ª‚R“ú—[AŒù—¯æ‚ÌŒxŽ‹’¡“Œ‹ž˜pŠÝi“Œ‹ž“s]“Œ‹æj‚©‚ç•ÛŽß‚³‚ꂽB

[email protected][email protected]@[email protected]¾‚ª‚R“ú—[AŒù—¯æ‚ÌŒxŽ‹’¡“Œ‹ž˜pŠÝi“Œ‹ž“s]“Œ‹æj‚©‚ç•ÛŽß‚³‚ꂽB




歌手のASKA(本名・宮崎重明=58)元被告について、警視庁が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕する方針を固めたと、各メディアが2016年11月28日午後に一斉に報じた。

これに対しASKAは、同日15時頃からブログを連続更新している。
それは、報道の内容を否定するものだった。


1度目の更新タイトル「はいはい。みなさん。落ち着いて。」


間違いですよ。



詳しくは、書けませんが、

先日、僕の方から被害届けを出したのです。



被害の内容は、想像して下さい。



そしたら、逆に疑われてしまいまして、

尿検査をうけました。



何の、問題もありません。



ずべて、フライングのニュースです。



これから、弁護士と話をいたします。



ASKA元被告は2014年9月にも覚せい剤取締法違反(使用、所持)で懲役3年・執行猶予4年の有罪判決を受けており、現在は執行猶予中だ。

各メディアの報道によれば、ASKA元被告は11月25日夜に自宅で、盗撮や盗聴されているとして自ら110番通報。
警察官が自宅に駆け付けたところ、本人の言動におかしな点があったため、警視庁で薬物の尿検査をしたところ、覚醒剤の陽性反応が出たという。

ASKA元被告のブログ更新は続く。
タイトル「陽性は、ありません。」


100%ありません。



と、短文を投稿した後、自らの逮捕を報じていたフジテレビ系情報番組「ミヤネ屋」へ向けたブログも投稿。

タイトル「ミヤネ屋さんへ。」


「人が、信じられなくなってる。」

なんて、電話はしてませんよ。



Appleのアカウントを、週に2回も乗っ取られ、

インターネット、メールも一切出来なくなってしまいました。



相手も特定出来ていたので、

直ぐに警察に電話もしました。



「サイバーを紹介して下さい」

と。

それだけです。



幻聴、幻覚など、

まったくありません。


と放送中の番組に対しリアルタイムで反論した。
なお、このブログ記事は「ミヤネ屋」の番組内でも紹介された。

自らが逮捕されるという報道を否定するASKA元被告のブログのコメント欄には、
「ほっとしたら笑えてきた。お願いしますよ、もう」
「あー良かったー!! 信じてますー」
「逮捕されていないんですね!??? 良かった!良かった」
と安堵するファンからの投稿が寄せられている。
しかし、その一方で、「ニュースの方がただしいんじゃ...と思っちゃう...」「もう、なにも言うてくれるな」といった声も出ている。

11月27日には、自らの楽曲をおさめた新アルバムが完成間近だとファンに報告する記事を投稿したばかりだったASKA元被告。
真相は間もなく解明されるだろうか。
Šo‚¹‚¢ÜŽæ’÷–@ˆá”½‚Ȃǂ̍߂ŋN‘i‚³‚ꂽu‚b‚g‚`‚f‚d@‚‚Ž‚„@‚`‚r‚j‚`v‚Ì‚`‚r‚j‚`”퍐–{–¼E‹{èd–¾‚ª‚R“ú—[AŒù—¯æ‚ÌŒxŽ‹’¡“Œ‹ž˜pŠÝi“Œ‹ž“s]“Œ‹æj‚©‚ç•ÛŽß‚³‚ꂽB