石田ゆり子、天海祐希、松下由樹が“まだ独身”のワケは…「結婚しない美女優たち」のウラ事情

人気女優、なぜまだ独身なの?

maxresdefault


「この女優、こんなに綺麗なのにどうして独身なんだろう………?」
テレビを観ていて、そう感じる女優は意外と多いのではないだろうか。

明らかにモテモテの人生を歩んできたことが想像に難くないのに、独身の女優たち…。
そこには意外な“真実”があった!


石田ゆり子

maxresdefault


女優・石田ゆり子(47)がインスタグラムをはじめ、あまりにも美しい肌が話題となり、再び人気を博している。
だが、彼女はこれまでの人生で一度も結婚したことがない。
それは一体、なぜなのか? 芸能リポーターの川内天子氏は語る。

「1992年のドラマ共演をきっかけに急接近した石黒賢さんとの熱愛は有名ですが、厳格な父親が、彼のギャンブル好きなどを理由に、結婚を認めなかったといわれています。後に交際したバツイチの和太鼓奏者も女性関係が問題視され、父親のOKが出なかった」



石田の父は、後に週刊誌の取材で「結婚に反対したことは一度もない」と語っているが、「これで適齢期を逃してしまったんでしょう。その後、噂になったのは、岡本健一さんをはじめとする既婚者との不倫ばかり」と川内氏は続ける。

しかし、結婚をしていない人気女優はまだまだいる。
現在、フジテレビ系ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』の主演を務めている天海祐希(49)も独身だ。

天海祐希

maxresdefault-1


夕刊紙のデスクは天海の過去の恋愛を振り返る。

「元サッカー選手の永井秀樹や中井貴一、ASKAとも噂になったことがある彼女ですが、最大の結婚のチャンスは約10年前。交際していた吉川晃司に自分からプロポーズをしたが、結局フラれ、吉川は一般女性とすぐに結婚してしまいました。それがトラウマになっているのでは」



元カレ軍団が大物ばかりの天海。
だが、最近では過去のことが心の傷となっているのか、こんなことを言っているという。

「(男性と)ずっと一緒にいるのは無理なんです。別居するならいいかな。マンションのお隣り同士とか」

「彼女ほどの女性が、プロポーズまでした男性に裏切られたとなったら、もう誰も信用できないのかもしれません。吉川は罪な男です」



“別居婚願望”を口にするばかりとなった天海を癒す男性は、今後あらわれないのだろうか…。

稲森いずみ

img_1


過去の大恋愛が新たな恋への障害になっているのは、稲森いずみ(44)も同じだろうか。
芸能リポーターの城下尊之氏はこう語る。

「97年のドラマ『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)で共演した反町隆史さんとの大恋愛がありましたよね。しかし彼は、翌98年にドラマ『GTO』(フジ系)で共演した松嶋菜々子さんと急接近(後に結婚)したため、破局しました。当時、稲森さんが“自分だけが、ほとほと疲れました”と話していたのを、よく覚えています」



松下由樹

1115e69dbee4b88be794b1e6a8b902


演技派女優・松下由樹(48)もまた、天海や稲森と似たタイプか。
1992年、音楽プロデューサーの小林武史との熱愛が発覚し、一時は結婚秒読みとまで言われながら、8年間の交際に終止符を打って以来、浮いた噂は聞こえてこない。

「小林が、自身がプロデュースを手掛けたakkoと急接近したことが原因での破局でした。その直後に、彼はakkoと結婚しています(08年に離婚)。小林に別れを切り出されたとき、松下は、すんなり受け入れたそうなんですが、強烈なストレスだったと思いますよ」(女性誌記者)

「最近の松下は、結婚や恋愛について“一人のほうが楽”と話していて、結婚へのモチベーションは限りなく薄そうです。とはいえ、あの見事なバストが、ずっと“空き家”とは考えられません。男はたまの“つまみ食い”で十分と、割り切ったのかもしれませんね」(前同)



あまりに男の影が見えないため、一時は同性愛疑惑まで飛び出した松下。
信じられるのは、もはや自分だけなのか…。

沢口靖子

maxresdefault-2


今年、51歳になった沢口靖子。彼女はかつて、あの”熱い男”とウワサされたことがあった。

「かつて、松岡修造とのドライブデートが報じられたことがありましたね。しかし、松岡の父は、沢口が所属する東宝芸能の当時の社長。いわば育ての親です。その社長が“沢口は映画界のスター。あんな二流のテニス選手とつきあっているわけがない”と報道陣を前に交際を否定したことで、2人の関係が深まることはありませんでしたね」(前出の夕刊紙デスク)



鈴木京香

pic196857


鈴木京香(48)には2010年放送のNHKドラマで共演して以来、熱愛関係にある長谷川博己との結婚がいよいよ目前に迫っているという情報が飛び交っている。

「彼女は一昨年、高齢の母親を仙台から東京に呼び寄せて面倒を見ていますが、長谷川は、その母親と彼女を受け入れる覚悟らしいです」(ワイドショー関係者)


というから、ゴールインとなればこれほどおめでたいことはない。
しかし、あれだけの美貌とボディを持った彼女がなぜ今日まで独り身を貫いてきたのか。

「堤真一さんとの“長い春”は有名でした。当時は京香さんのほうが、はるかに格上。堤さんは、彼女が仕事に行っている間に、彼女の車を洗っていたこともあったほどでしたが、次第に堤さんの仕事が好調になり、破局につながってしまった。以前に噂となった真田広之さんや、現在の長谷川さんもそうですが、つきあった男が必ず出世するんです。それで、仕事が忙しくなると、次第にすれ違いが生じて……というパターンで婚期を逃してきたのかもしれません」(前出の城下氏)



付き合った男が必ず出世するというのもスゴい話だ。
ともあれ、彼女たちは今、とても美しく魅力的に輝いている。
結婚しようがしまいが、関係ない。

これからも彼女たちは、男を芸の肥やしに、花を咲かせ続けていくことだろう。
女優は素晴らしい!!