スマスマ最終回、生放送絶望的!12月26日の5時間特番も…5人の気持ちまとまらず 関係者「最後までお願いしていく」

スマスマ最終回は、5時間の特番!!

tokyo_torisetsu_img_363-01


年内で解散するSMAPの冠番組、フジテレビ系「SMAP×SMAP」の最終回が、12月26日午後6時30分から23時18分までおよそ5時間の放送になることが5日、同局から発表された。

「最後の最後こそ、5人の生歌を」と誰もが望む状況だが、やはり、メンバーの気持ちには靄がかかっているようだ。


この日放送された番組の冒頭で「SMAPと共に歩んだ20年9カ月のスマスマの全てを存分にお届けします」とのテロップが流された。
フジテレビは最終回の内容について「調整中」と説明。そして、番組を収録にするか生放送にするか、決まっていないとしている。

同局関係者によると、番組側はメンバーの生出演を希望し、11月下旬から協議を開始。番組関係者が収録の合間に個々の楽屋を訪れるなどして話し合いを重ねてきたという。
しかし、現時点で5人の気持ちはまとまっておらず、生出演の実現は「極めて難しく絶望的な状況」だと関係者は語る。

ただ、番組関係者はギリギリまで交渉を続けていく意向であるとし、今月1日にはメンバー5人がそろって「世界に一つだけの花」を歌う様子を収録。
これが“ラスト歌唱”になると一部で報じられたが、同関係者は

「メンバーの生出演をあきらめたわけではないし、この歌唱が最終回で放送されると決まったわけでもない。我々は最後までお願いしていくつもり」


と話している。

先月24日に出場歌手が発表されたNHK紅白歌合戦でもSMAPの名前はなかったが、NHKは特別枠などでの出場にかけて交渉を続けている。