地下アイドル『仮面女子』研究生の“デキちゃった引退”は「アイドル史上最悪の結末」ファンも「信じたくない」

「アイドル史上最悪の結末」

kamen_jyoshi_20151120


仮面をつけてパフォーマンスすることでおなじみの人気地下アイドルグループ「仮面女子」の研究生で、スライムガールの川原結衣が、12月5日に自身のブログを更新。
妊娠が発覚したことを報告すると同時にグループを卒業し、アイドルを引退することを発表した。

このことにより、業界では「アイドル史上最悪の結末」と言われるように………。


アイドル誌のライターはこう話す。

「川原自身も『わかった瞬間どうしたらいいかわからなくて、ステージだけでなく現実からも全部逃げ出して目を背けて引きこもってしまいました』と妊娠発覚に衝撃を受けたということだが、それ以上にショックなのは、彼女にビッグになってほしいとこれまで応援してきたファンです。仮面女子はメンバーの恋愛は一応OKだが、ファンや関係者が相手であればNGと言う変わったルールを設けています。今回、川原に“命中”させてしまった男が何者かは明らかになっていませんが、“避妊なし”の行為をしていたとしたらファンは口が裂けても『おめでとう』とは言えないでしょう」



川原のファンは、お祝いのコメントをする者もあれば「信じたくない」と声を失っている人もいる状態だという。
これには同じくアイドルを応援する他のタレントのファンも黙っていられなかったようで、

「アイドルファンにとっては考えられるかぎり最悪な終わり方」

「自分の推しメンが同じことしたら、精神が壊れる」

「これまでの売り上げをファンに返すべき」


との厳しい批判が出ている。

しかし、一部からは「正直に妊娠報告したのは勇気があった」という擁護の声もあるだけに、幸せな家庭を築くことがせめてものファンへの恩返しかもしれない。