はいだしょうこ「激痛以上の痛みで毎日過ごすのがやっと」の状態を脱出!!

はいだしょうこ「激痛以上の痛み」の状態から抜ける

cached


10月にヘルニアになったことを告白したタレント・はいだしょうこ(37)が、以前よりも状況が改善したことをブログで報告。
以前は、「ヘルニアの痛さは、激痛という表現ではおさまらない」と語っていた。


10月15日は以下のような状態になり、以後つらい状況にあった。


腰痛を通り越して、左足の足首まで激痛になり、足をついて歩けないし
座れないし
横になっても痛いし

で、緊急病院にいったりしてました


ブロック注射をして頂いて、薬ももらったけど、やっぱり動かないといけないから
その時少し楽になっても、またすぐ激痛の繰り返しガーン今もです

「本当に、ヘルニアの痛さは、激痛という表現ではおさまらない!!
(たぶん、された方は分かるとおもいますが)
痛みには強い私ですが
ずっと、強い電流を流されてるしびれと痛さで、これには、さすがに参っています」



注射を打つなどして対処していたそうだが、仕事は続く。
そんな状況を経て12月11日に更新したブログでは、迫っている千葉県・松戸市でのコンサートの告知をしつつ、現状をこう報告した。

はじめは椅子に、30秒も座っていられなかったのが、調子がよければ、3時間くらい座れる様になってきました
(ただし、椅子の高さなどによりますが)

でも、毎日涙が出ていて、激痛以上の痛みで
毎日過ごすのがやっと。の時の事を考えると、すごく楽になりました。。。



あまりにつらかった痛みが少し和らいだことや、佐藤弘道らと一緒に行なうファミリーコンサートのリハーサルの様子を紹介。
さらに、元「うたのおにいさん」速水けんたろうとの別のリハーサルの様子も紹介。

最後はタレント・安めぐみとその娘がコンサートに来てくれたことも報告し、スリーショットも公開するなど、少しずつ回復しているようだ。