北斗晶 「健介より先には逝けない」乳がん闘病の日々を初告白!

北斗晶「健介より先には逝けない」

119395


元プロレスラーの北斗晶(49)。
彼女は昨年9月、自身が乳がんであることを公表した。

右乳房全摘出手術を受けた後も、芸能活動を休業し治療に専念してきた。
そして公表から1年2カ月ぶりに、念願のテレビ復帰を果たした。



「1年2カ月もかかりましたが『もう絶対大丈夫だ!』って、この私のデカイ体と相談して決めた復帰です。前以上にパワーアップした私を見せられるという自信があったからこそ、復帰を決めさせてもらいました」

11月29日の『5時に夢中!』(東京MX)と翌30日の『あさチャン!」(TBS系)に連続生出演し、以前に増して元気な姿を披露。本誌の独占インタビューにも、ニット帽をかぶった彼女は明るい笑顔でハキハキと応えてくれた。いまではすっかり元気になった彼女に、治療の経緯を改めて聞いてみた。
「手術から半年くらい抗がん剤をやってから、放射線治療。今はお薬で女性ホルモンを抑える治療をしています。やはり副作用はありました。でもいちばん困ったことは、なかなか前髪が伸びないこと(笑)。だから『あさチャン!』では、眉毛を太く描いてもらって『埼玉の夏目三久です』とふざけたら、みんな大爆笑!」
 
湿っぽいところは微塵もない。インタビューでも終始笑顔を絶やさなかった彼女だが、闘病中は苦悩することもあったという。
 
「一時はピンポン(インターホン)恐怖症になりました。人と会うのがすごく怖くなったり、実はいろいろあったんです。でもそのときに健介はじめ周囲が優しく接してくれなかったんですよ(笑)。大丈夫?って過保護に接すると、逆に私がもっと落ち込んでしまうから」
 
病人扱いしなかった周囲の厚意に、改めて感謝を示した。ファンからの温かいメッセージもありがたかった、と彼女は続ける。
 
「抗がん剤治療を言い渡されたとき正直ひるんだんですね。でも全国のみなさんからたくさんのお手紙やメールをいただいて。そのなかにあった『病気に負けずに頑張ってください。でも過ぎてしまえばあっという間ですよ』という一言に、本当に勇気づけられました」
 
闘病中は、患者会にも参加したという。
 
「がん患者同士にしかわからない気持ちってあるんです。それをみなさんと話し合って、すごく励まされました。同時に『これまで自分がテレビの中でアピールしてきた元気は上っ面だったんじゃないか』って反省もして」
 
そして何と言っても、やはり家族の存在がもっとも大きかった。
 
「健介には『いつもそばにいてくれてありがとう』と感謝しています。いちばんそばにいてくれたのは、愛犬の花ちゃんですけどね(笑)」
 
子供たちも優しい一面をのぞかせてくれた、と彼女は嬉しそうに語ってくれた。
 
「買い物には、必ずついてきてくれました。スーパーに行くと『俺たちがカート押すからママは良いよ』って」
 
夫・健介は普段やり慣れない家事もこなして、北斗の不在を支えてくれたという。とはいえ“鬼嫁”ぶりも健在で、健介の“主夫業”にはダメ出しを連発!
 
「健介は、ほんっとに何にもできないんです。『この鍋のフタ、どこにあるんだっけ?』とか言われちゃうとね。『そんなの、もう1個扉を開ければわかるじゃん!』って。『焼きそばの味付けって、どうするの?』なんて言われると、もう腹が立つ!『お前、焼きそばひとつ焼いたことないんかい!』ってイライラが止まりません(笑)」
 
しかし、お決まりの“鬼嫁トーク”はどうやら照れ隠しだったようだ。
 
「そうやって、健介が頼りないことを言うたびに『ああ、この人よりも先には逝けないな』と感じました」
 
結婚して21年の夫婦生活を振り返ってもらうと、こう語る。
 
「健介は今でも私に毎日怒られていますからね(笑)。少しでも言い返したら、とんでもない。そのとたん身も心もボロボロにしてやりますよ。まぁ、“かかあ天下”ですよね(笑)」
 
愛する夫はじめ沢山の人々に支えられ、復帰するまでに回復した彼女。だからこそ、久しぶりのテレビ出演が本当に嬉しかったと、喜びを噛みしめる。
 
「スタジオに行くたびに『北斗さん、待ってました!』ってみんなが歓迎してくれたんです。タレントさんやスタッフさんだけじゃなくって、裏方のメイクさんたちまでが涙ぐんでくださって」
 
今後はお世話になった人々の期待に応えていきたいと熱く語る。
 
「一生懸命支えてくださる人たちがいてはじめて、私は成り立っている。そのことを痛感しました。今度は自分が、みんなに元気を与えられる存在になりたいです!」
 
来年叶えたい夢を聞くと、北斗はペンを取り、《日々是好日》としたためた。
 
「禅の言葉で、『かけがえのない今日という日を素直に受け止めよう』という意味なんですね。これが今の私の座右の銘。『今日が良い日ならばそれで、良いじゃないか。それ以上、何を望むの?』と私自身考えているんです。家族みんなが健やかに朝起きて、おはようって言える幸せ。おやすみって言えるありがたさ。当たり前のことって当たり前じゃないって気づくことができました」
 
とはいえ、こんな家族そろってやってみたい具体的な夢もある。
 
「旅行好きだから、バックパッカーになって、日本全国、いや全世界を何カ月もかけて回ってみたいですね。もちろん家族みんなでね」
 
まさに、日々是好日だ。
 
「これからは、作り物じゃない、本物の元気を見せていきますから期待しててくださいね!」
1年2カ月の闘病から見事“生還”した北斗の表情には一点の曇りもない――。