「矢口真里がかわいそう」美川憲一に非難集中!一体なぜ?

「矢口真里がかわいそう」美川憲一に非難集中!

de05


不倫騒動で一時、芸能活動を自粛していた元モーニング娘。の矢口真里(33)。
彼女に対し、芸能界の大御所である美川憲一(70)が浴びせた一言がネットで波紋を呼んでいる。


先月11月28日に放送されたTBS系『7時に会いましょう』に、歌手の美川憲一が出演。
矢口真里との過去の因縁を明かした。

芸能誌のライターは振り返る。

「この日の美川の話によると、離婚騒動の渦中にいる矢口にアドバイスをしようと何度も電話をかけたそうなんです。しかし、矢口が着信拒否したため、そのまま絶縁状態になったということでした。この日、矢口は“当時は子どもだったから逃げた”と正直に打ち明け、謝罪の言葉を伝えていましたが、矢口は、電話で話した内容を美川がマスコミに向けて暴露していたことが気にくわなかったようなんですね。それを矢口が口に出してしまったものですから、美川もまた激怒しちゃいまして、“しゃべるなと言われればしゃべらなかったわよ!”と矢口に食ってかかっていました」



芸能界で50年というキャリアを積んできた美川。
矢口の一連の行為に対して「普通だったら(芸能界から)消えているわよ」と批判。

だが、この発言が波紋を呼んで、ネットを中心に物議をかもしている状態だ。
自宅でのクローゼット不倫騒動以来、“嫌われものキャラ”としておなじみの矢口だが、この「消えている」発言はさすがにひどいと思う人が多かったようだ。

「これは言いすぎ。矢口がかわいそう」
「老害とはまさにこのこと」
「勝手にベラベラしゃべられたらそりゃあ着拒しますわ」
「本当に矢口の気持ち考えて言ってるんかな。自分の意見を主張してるようにしか見えん」
「消えているって……いつでも消せるわよって意味か! こわ~」


など、矢口に対する同情と美川に対する批判が相次いでいる。

このような状況になってしまった経緯を、前出のライターはこう解説する。

「美川憲一はこの番組のご意見番的な立場で出演してまして、少し調子に乗っている芸能人たちに喝を入れる場面が定番になってます。11月7日の放送回では、“先輩にあいさつしないしタメ口”だというメイクアップアーティストのピカ子(45)を、“おだまり!”と一喝していました。美川は“私なんか地獄見てるから、芸能界でも”と、自身の過去のしくじりのせいで仕事が激減してしまったことを例にしてピカ子を諭したんですが、過去の美川の活躍を知らない若い視聴者は“どうしてこんなに偉そうなの?”と感じるのかもしれません」



この日の放送での美川憲一と矢口真里のバトルでも、最終的に「私なんか地獄見てるから。いろんなことを経験したから人の痛みも分かる」「今日は許してあげるわよ」と美川が折れ、丸く収まった形となった。
美川のダメ出しに「もっともだ」と感じた人も多いようだが、ネットの反応を見ると、結局和解するのであれば「消えている」などとひどい言い方をしないでほしい、と感じた人の方が多かったようだ。