成宮寛貴の引退直前、水谷豊は何を思ったのか…息子のように可愛がった成宮の”今後の報告”に悲憤

%e7%9b%b8%e6%a3%92
息子のようにかわいがった成宮の”報道”を知った水谷は…

246369_615


違法薬物疑惑で芸能界を電撃引退した成宮寛貴(34)。
その彼が、実の父のように尊敬した人物がいる。


テレビ朝日系ドラマシリーズ「相棒」で共演した、俳優の水谷豊(64)だ。

水谷は、成宮の一方を知るや悲憤したという………。



「突然、成宮さんの事務所の社長が『相棒』の収録スタジオに現れたので周囲も驚きました。社長は神妙な面持ちで水谷豊(64)さんに頭を下げると、一緒に別室に入って行きました」(テレビ局関係者)



12月9日、成宮寛貴が芸能界からの電撃引退を発表。
発端は、12月2日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)でコカイン吸引疑惑を報じられたことだ。

成宮と所属事務所は“事実無根”であるとて、発行元の講談社を相手どりあらゆる法的措置をとると発表。
さらに7日には成宮の尿検査が陰性だったことも公表した。

だが、続報を掲載した『フライデー』が9日に発売されると、その日の午後4時過ぎに、報道各社に成宮自筆の声明文がFAXで送られ、引退が発表されたのだ。
冒頭の成宮の所属事務所社長がスタジオに現れたのは、引退発表前日の8日のことだったという。

「その間、撮影はストップし、共演者は待たされたまま、水谷さんとの話し合いは1時間以上にも及びました。コカイン吸引疑惑がうやむやのままだと、再放送など『相棒』にも直接的な影響が出てきます。成宮氏の今後についての報告もあって、緊急の話し合いになったんだと思います。そこで初めて引退の意向を聞いたようで、約1時間後に部屋から出てきた水谷さんの表情は非常に険しいものでした」(前出・テレビ局関係者)



水谷は成宮が家族の温もりを感じられる“大切な人”だったという。
2011年から2014年まで3クールにわたって共演した『相棒』で深い絆で結ばれていた。
前出のテレビ局関係者が説明する。

「とにかく新タッグを組むと決まったときから、水谷さんは成宮くんをまるで自分の息子のように、とてもかわいがっていました。歴代の“相棒”とは明らかに接し方が違っていました。彼を“ナリ”と呼んで現場で演技指導やアドバイスをしていましたが、撮影が終わってからも自宅に招き、家庭料理をごちそうしたりしていましたからね」



成宮は過去のインタビューで、水谷のことを「尊敬している」と何度も繰り返していたという。
水谷の支えによって、テレ朝の看板番組の一翼を担うプレッシャーを跳ねのけることができているとも語っていた。

そして、成宮が『相棒』を“卒業”してからも、水谷はことあるごとに彼をフォローし続けた。
両親が離婚してから父親の“愛”を知らずに育った成宮にとって、水谷は本当の父親のような存在になっていったのだ――。

だからこそ、コカイン吸引報道直後の突然の引退には“裏切られた”という思いが水谷には強かったとみられる。

「事務所社長との会談が終わった後も、水谷さんは悲憤がおさまらなかったんでしょうね。衝撃と怒りでしばらく顔が紅潮したままでした」(前出・テレビ局関係者)



成宮の仕事関係者は今後の動向についてこう語った。

「彼は引退発表と同じ日に海外に出国したようです。すでに目的地に到着していることでしょう。しばらく祖国の土を踏むつもりはないのでは……」



《今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。》
成宮は直筆のFAXにこう綴った。

仕事も、これまで築いた仲間との関係も、すべてを捨てたくなったのだろう………。
かつての”相棒”の逃避行を、水谷はどんな思いで聞いたのだろうか。
%e7%9b%b8%e6%a3%92