キムタクの不人気ぶりが加速中!ついに明石家さんまも擁護しなくなったワケとは?

年明けからは、「キムタクいい人」キャンペーン開催?

%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%82%bf%e3%82%af


年内での解散が決定しているSMAPだが、よく諸悪の根源扱いされているのは木村拓哉だ。

それこそ日本全土が衝撃を受けたと言っても過言ではない解散が発表されて以降、ファンは署名活動やCDの大量購入、新聞広告欄へのメッセージ掲載など、存続に向けて涙ぐましい行動をしてきた。
しかし、解散は覆らないばかりか、メンバーから一言の説明もないままひっそりと消えていこうとしていることに、ファンもどこに怒りをぶつければいいのか分からない状態だという。

だが、「その怨念は、すべて木村拓哉に向けられている」と語るのは、芸能ジャーナリストだ。



「11月24日に発売された『週刊文春』(文藝春秋)の『嫌いな夫婦ランキング』で、木村・工藤静香夫妻が1位に選ばれているのも、その表れでしょう。1月には主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)が予定されていますが、このままでは大爆死必至。木村やジャニーズサイドの焦りも相当なもので、年明けからは『キムタクいい人』キャンペーンを展開し、本気で人気回復に向けて動きだすといいます。具体的には、渋谷でのゴミ拾いや、夫婦での炊き出しなどをさせるつもりのようですね」



イメージダウンは、木村本人だけにとどまらないという。
今や「キムタク擁護」の立場を取れば、その人まで巻き添えを食らう流れになりつつある。その最たる被害者が、明石家さんまだ。

「以前、“木村派”を公言したことで、さんまの番組の視聴率は軒並みダウン。それを気にして、さんまもキムタク擁護発言を一切しなくなった。3日に放送されたMBSラジオ番組『ヤングタウン土曜日』では、13年間続いたキムタクとの特番『さんタク』(フジテレビ系)が、来年から放送されないことを明かしていますが、番組が打ち切りとなったのは、木村に関する発言が、ことごとく裏目に出たからでしょう。キムタクは好感度回復のため、来年からバラエティに進出。フジで、さんまとのトーク番組がスタートするプランが持ち上がっていました。しかし、キムタクのあまりの嫌われぶりに、さんまの腰が完全に引けてしまい、どうなるかわかならない状況になっています」(テレビ関係者)



かつては「恋人にしたいアーティスト」で1位に輝いたこともある木村。
ネットでは、「木村ではなく妻の静香が悪いのでは」という意見もあるが、夫婦ということで一緒くたにされている感も否めないところだ。

SMAP解散後、メンバーの人気に大きな差が出そうだ………。