ノンスタ・井上の当て逃げに何かを感じた?坂上忍の歯切れの悪さが話題に。実は過去に…

ノンスタ・井上の当て逃げに、坂上忍は何かを感じた?

08f1dc2e0587dace530695252f3b0d52


今月14日放送のフジテレビ系バラエティ番組「バイキング」で、MCの坂上忍(49)が見せた歯切れの悪さに、彼の過去を知る視聴者から失笑が漏れているという。


話題になっているのは、お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介(36)が起こした“当て逃げ事故”特集でのこと。
バイキングは坂上の歯に衣着せぬ物言いが最大のウリなのだが、この日は様子が全然違った。

井上の事故について、坂上は「残念としか言いようがない」といつになく神妙な面持ちで論評。
井上が先輩芸人たちから叱責されたことを明かし、

「身近な人たちがキツいことを言ってくれるのはいいこと。(これで)救われる部分もあると思う」


と、珍しいと言っては失礼かもしれないが、温かい言葉を発した。

それも無理もない話かもしれない。
坂上自身、ド派手な交通事故で世間を騒がせた“大先輩”だからだ。

今から21年前の1995年、坂上は飲酒運転による器物損壊事件を起こした揚げ句、パトカーと20分近くもカーチェイスし、現行犯逮捕されておよそ半年間にわたって謹慎生活を送ったのは有名な話だ。

早くもネット上では、「坂上が井上に厳しいコメントなんて出来るわけがない」、「井上には甘いわけだ」などの声が噴出。
坂上の「我々にも、いつ起こるか分からないことだから」という発言に対しても、「あなたこそ、もうやっちまってるでしょ!」といった厳しいツッコミが入っている。

井上の事故の特集が終わると、坂上のトークは“平常運転”に。
コンビニおでんを指でつつく動画をインスタグラムに投稿し、問題になっている“おでんツンツン男”に対し、「これは許せない。本当に最低の男ですね」といつもの毒舌ぶりを発揮していた。
#09