星野源とKEIKO「クモ膜下出血」で倒れた2人の回復具合の差とは?

maxresdefault
星野源とKEIKO「クモ膜下出血」で倒れた2人だが…

maxresdefault


TBS系の大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演し、人気沸騰中の星野源。

彼は2012年12月にクモ膜下出血を発症したため、復帰と休業を繰り返しながら2度の手術を経験している。
2014年5月に出版されたエッセイ集「蘇える変態」(マガジンハウス)には、当時の痛みや苦しみがリアルな言葉で語られており、現在も人気の高い1冊になっている。

他にもクモ膜下出血で倒れた芸能人と言えば、小室哲哉の妻・KEIKOもだ。
2人の回復具合の差とは何なのだろうか?


音楽誌のライターは語る。

「12月13日に小室哲哉が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、11年10月にクモ膜下出血で倒れ、現在リハビリ中の妻KEIKOの現状を語ったことで、同じ病気を発症した星野との回復の差が話題になっています。星野はエッセイの中で、あまりの痛みのために『病室の窓から飛び降りたい』と考えるようになった精神の“疲弊プロセス”を生々しく書いていましたが、現在は俳優業にもミュージシャン業にも完全復帰しています。ところが、KEIKOは小室が語るところによると『躁鬱で言うなら躁。前向き。ポジティブ』だが『カラオケに連れていっても1番を歌っているうちに飽きてしまい2番までは歌わない』『高い声の出し方を忘れたと言う』そうですから、歌手復帰には時間がかかりそうです。2人とも早期発見できたにもかかわらず、これだけ回復に差が出ることについて脳外科のドクターに話を聞いてみたところ『出血した場所や大きさの差ではないか』とのことでした」(音楽誌ライター)



星野の現在の活躍の裏には、壮絶な闘病生活があったのだ。
maxresdefault