坂口健太郎「miwaを呼び捨て」でファンが嫉妬!「ずるすぎる」

坂口健太郎、シンガーソングライター・miwaを呼び捨てに

news_header_kimito100kaimenokoi_main


シンガーソングライターのmiwa(26)が主演を務める映画『君と100回目の恋』の完成披露舞台あいさつが12月12日に行われた。
この中で、俳優の坂口健太郎(25)とmiwaとの仲の良さをうかがわせる一幕があり、ファンたちが「ずるすぎる!」と嫉妬しているようだ。


映画の中で坂口とmiwaは、竜星涼(23)演じる直哉と泉澤祐希(23)演じる鉄太とともに「The STROBOSCORP」というバンドを組んでおり、miwaはもちろん、坂口らも実際に楽器を演奏している。
しかし、坂口はこれまでギターに触った経験がなく、舞台あいさつでも

「一番大変だったのはギターです。本当にコードも分からず触ったこともなかったので」

と告白した。そして、

「ギターが上手な役だったので、miwaにもいろいろ聞いて。立っているだけで上手に見える立ち方とか」

と撮影での苦労を語った。

舞台あいさつの中で、竜星らが「miwaさん」と呼ぶのに対し、坂口だけは、なんと「miwa」と呼び捨て。
映画では恋人同士のふたりだけに会場でもざわつきが起こり、坂口が思わず「なんでざわざわしているの!?」と慌てる場面もあった。
会場の女性ファンがざわつく一方で、miwaを愛する男性ファンもネット上で大騒ぎしている。
「miwaちゃんを呼び捨てだと!? ずるすぎるぞ!」
「く~っ! サラリと仲良しアピールしやがって!」
「映画の中ならまだ許せるが、これはアウトだ」

といった嫉妬のコメントが次々と上がった。

芸能誌ライターは語る。

「今回の映画はmiwaにとって初の本格ラブストーリーになることから、男性ファンたちはかなり複雑な心境だったようですね。映画の予告編でもハグしたりと仲良さげなシーンがかなり登場しますから、とまどう人も多かったはずです。11月に横浜で行われたイルミネーション点灯式に二人が参加したときは、坂口がmiwaの手を取り、優しくエスコートして登場してましたが、いつのまにか呼び捨てにする間柄になっていたんですね。映画の公開日は2月4日とまだ先ですが、ファンにしてみれば、さらに関係が進展しないことを祈るばかりでしょう」



公開されている映画の場面写真の中には、キス寸前のショットもあるため、ファンたちは気が気ではないと思われる。
映画を観たファン達は、いろんで意味でもだえてしまうかもしれない。