矢口真里、不倫後の”違約金を全額負担”に同情が集まった理由とは?

矢口真里、不倫後の”違約金を全額負担”に同情集まる

b0069992_217755


タレントの矢口真里(33)が、12月13日に放送されたTOKYO MX『バラいろダンディ』に出演。
自身の不倫騒動中の苦労を語り、同情が寄せられている。

矢口といえば、復帰はしたものの、未だにネットでは「需要あるの?」「戻ってこなくていい」などと辛辣な批判が相次いでいる。
それなのに同情が集まるとは、一体なぜなのだろうか?


番組では、芸能界を電撃引退した元俳優の成宮寛貴(34)に「CMの違約金が発生するのではないか」という話題になった。
そこで矢口は内山信二(35)から意見を求められたのだが、矢口は2012年に自身の不倫が原因で、俳優の中村昌也(30)と離婚し、およそ2年の間、活動停止の状態にあった。
その当時を振り返った矢口は、

「(活動停止前に)CMの契約が残ってたので、違約金発生しましたよ」

と赤裸々に告白したうえで、その全額を自分自身で支払っていたことも明かした。

芸能誌の記者は、違約金についてこう説明する。

「さまざまな事情でCMを降板し、違約金を払うことになるケースはたびたびあります。しかも、その額はけっして安くありません。過去に矢口と同じく不倫問題で話題になった山本モナ(40)は、3社のCM違約金が発生し、約1億円を支払ったといわれています。違約金は、安くても1社につき1000万はかかるそうです」


違約金が生じるのは、何も不倫問題だけではない。
例えば、タレントの石田純一(62)の場合は、都知事選の出馬騒動によりCM違約金が発生。
1200万円を支払ったということを『痛快!明石家電視台』(MBS)で、妻の東尾理子(41)が語っている。

具体的な金額は明らかになっていないが、矢口も違約金の返済にはかなり苦しんだことがうかがえる。
芸能界に復帰した2014年に、矢口は休業中に出た“貯金5億円”報道を日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』に出演した際に完全否定した。
生活費に困ることはなかったが、このままでは財産がゼロになってしまうとアルバイトすることも考えていたという。

この日の『バラいろダンディ』で、矢口はサラリと違約金を「払いましたよ……」と告白したが、表に出ていないシビアな現実があったことが視聴者にも伝わったようだ。いつもは矢口に対して批判的なコメントが目立つネットでも、

「絶対大金だもんな……大変だったんだろうな」
「帰ってくんなとかいってマジでごめん!」


といった声が上がっている。

元々は身から出た錆であり、未だに不倫のイメージが拭いきれず、厳しい意見が集まりがちな矢口真里。
しかし、芸能界に復帰して2年が経ち、矢口が頑張り続ける姿を見て世間も徐々に見方が変わってきているのかもしれない。