『逃げ恥』出演の内田理央が「美人なのが悩み」発言で好感度急降下!!「こんな人だったのか…」と視聴者も不快感

内田理央が「美人なのが悩み」発言で好感度急降下!!

rio-600x450


2016年を代表する人気ドラマである、TBS系「逃げるは恥だが役に立つ」に出演し、知名度が急上昇のモデルで女優の内田理央。

同ドラマ内では大谷亮平演じる風見涼太にどんなにきつく当たられても、くじけず猛アタックすることから、風見に“ポジティブモンスター(ポジモン)”というあだ名をつけられた20代のキャリアウーマン・五十嵐杏奈役を演じた。
内田は文句なしの美形ということもあり、たちまち注目される存在になっているのだが、「美人すぎる」ことが悩みと取れる発言をしたことから、その好感度が急激に下がっているという。


内田は昨年12月27日に放送された、日本テレビ系バラエティ番組「踊る!さんま御殿!!2016話題の人が大集合4時間半大忘年会SP」に出演。
他人に言われて「傷ついた一言」のテーマで話を振られた内田は、美女であるがゆえの悩みを告白したのだが、その内容を完全に悪くとらえてしまった視聴者も多かったという。

「内田は自分のいいところがわからずに思い悩んだ時期があり、弟に自分のいいところを尋ねたところ『顔じゃない?』とルックスを褒められたようです。ところが、傷ついた一言というのがまさかのコレなのだとか(笑)。内田いわく、同じ事務所のタレントたちからも『自撮りがすごく可愛いですね』とホメられるというのだが、要するに内面も見てほしいという美女ならではの悩みを打ち明けたわけです。このエピソードについて共演した女性芸人たちは一斉に不満げな顔を見せ、いとうあさこに至っては『全体的に自慢!』と容赦なくツッコミ。世間一般からもそんな悩みに同情が集まるわけがなく、今回の出演はイメージダウン以外の何物でもなかった」(女性誌記者)


これにはネット上もちょっとした炎上状態になってしまい、

「こんな人だったのか‥‥ちょっと残念」
「この程度のことで傷つくとか絶対にウソ」
「チヤホヤされるのが当然だったんだろうね」
「じゃあ、整形でブスになってみれば?」


と、見事なまでに敵を作ってしまった内田。

”美人なのが悩み”というのは、やはり極上の幸せな悩みといえよう。