小室哲哉“シンデレラにしてやりたかった”…華原朋美にかけた情熱とは?

小室哲哉“シンデレラにしてやりたかった”

20131205004051


音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が、10日放送のTBS系「マツコの知らない世界 新春2時間SP」に出演。
かつてプロデュースした歌手の華原朋美(42)について、当時の思いを語った。


”CD総売り上げ1億7000万枚以上のメガヒットプロデューサー”として登場した小室。
自ら手がけたヒット曲について当時の制作秘話を語る中で、1996年の華原のヒット曲「I’m proud」の曲名が挙がると、「あっ、出た」とマツコ。
当時は楽曲の大ヒットのみならず、小室と華原の恋人同士としての関係も頻繁に取りあげられていた時期だ。

「華原さんは、もうとにかく、マライア・キャリーになりたい、って。マライアが大好きで」

と振り返った。

小室はプロデューサーとしてのこだわりとして、

「彼女の、シンデレラストーリーみたいなところを、作ってあげよう、と。質感から何から…セレブ感をね。服もプラダかグッチか。そこは絶対に落とせなかった」

とし、

「プラス、歌詞は、切実な女の子の孤独感を歌っている」


そして、歌詞には華原の意見も取り入れているといい、

「華原さんは、理想があったみたいで。実はこれ、歌詞は2作目なんです。1回、書き直してるんですよ。ちょっと(華原が)気に入らなかったみたいで」


と過去を明かすと、マツコは「デビュー3曲目で…朋ちゃんも、随分ねぇ」とつぶやいた。
小室は「フフフ…」と笑いながら、優しい表情を見せていた。