加藤綾子アナ、婚活宣言!!「いつか、母のようなお母さんになりたい」

加藤綾子アナ、婚活宣言「プライベート頑張りたい」

20131016_katouayako_06


フリーアナウンサー加藤綾子(31)が11日、東京・新宿区市ケ谷のフランス語学校アンスティチュ・フランセ東京で行われた14日公開の映画「天使にショパンの歌声を」(レア・プール監督)のトークショーに出演。

フリー転身後の生活や夢などを語った。


映画イベント初参加となる加藤アナ。
音楽の力を信じて明るく生きる女性達を主人公にした作品とあって、この日の舞台には加藤の国立音大の後輩にあたる室内合唱団「カンマーコール」のメンバー23人が参加し、アカペラでモーツァルトの名曲を歌い上げた。

加藤アナは中学、高校の音楽の教員免許を取得しており、当時は「学校の先生に憧れていた」というが、周囲の勧めもありアナウンサーの道に進んだ。

「アナウンサーがどんなものかもよく知らず、最初は戸惑っていました。先輩からは『体力勝負だよ』と言われていた」

と入社当時を振り返った。

昨年5月にフジテレビを退社してフリーになったが、

「(生活は)そんなに変わらないなと思っていますけど(フジテレビで)朝の番組をやっていたので、少しだけ多く寝られるようになりました」

と話すも、局アナ時代は番組が終わるとアナウンス室に戻って同僚らと会話を楽しむ時間があったが、

「今は終わったら帰るという流れなので、最初は寂しく感じました」

と語った。

今後の目標を聞かれた加藤アナは、

「お仕事も、もちろんですが、プライベートも頑張りたいと思っています。いつか、母のようなお母さんになりたいなと思っています。いつになるかわからないですけど」

と笑い、結婚相手の存在については、

「自然とめぐり合っていけたら。(出会いを求めて)何かやっているかというと、何もやっていないです。頑張らないと。子供とか誰かのために時間を費やせるような人になりたいなと思います」


とした。