木村拓哉、SMAP解散後初の公の場「やるべきことをやるのみ」

czznsncusauz0kp
木村拓哉、SMAP解散後初の公の場

czznsncusauz0kp


昨年12月31日をもって解散した国民的アイドルグループ・SMAPの木村拓哉が11日、都内で行われた主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(1月15日スタート)の試写会&舞台挨拶に登壇した。


SMAP解散後初の公の場となった木村は解散前後の変化を聞かれると、

「変わることは確実にありますが、今はやるべきことをちゃんとやります」

と語った。

本作は、愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く病院で「愛しき人の命」「かけがえのない人生」を巡って繰り広げられるヒューマンラブストーリーだ。
木村は医師として駆け出しの頃、親友の思惑によって病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光を演じる。

この試写会&舞台挨拶は医療関係者も招いて行われたが、木村は

「ここにいるみんなドクターのみなさんに尊敬の意をいだいている。できるかぎりの表現していけたらなと思っています」


と決意を述べた。

なお、木村の他、共演の竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信が出席した。
czznsncusauz0kp