中居正広が番組中にした「心ない発言」に怒りを隠せない人々とは?

中居正広
中居正広が番組中にした「心ない発言」とは?

7f9a68b070346218dc6acff7bd2f98cf


2016年12月28日に放送された日本テレビ系バラエティー番組『ナカイの窓』。
この日は“関東6県ガチンコ対決SP”と題し、司会の中居正広(44)を除く6名の出演者が“地元”をプレゼンするという内容だった。

横浜DeNAベイスターズ一筋だった元プロ野球選手の三浦大輔(43)は神奈川県を絶賛し、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(39)が千葉県を大いに語るなどして、関東6県の魅力をそれぞれが存分に披露していたのだが………。

中居のある”心ない発言”に、怒りを隠せない人々がいるという。


放送中盤に、群馬県代表のJOY(31)が世界遺産に登録された『富岡製紙場』を行きたい場所として紹介した時に“事件”が起きた。
中居は

「一生行かないと思う」

と言い切り、観光に力を入れている群馬の関係者の怒りを買ったのだという。

栃木県の観光業者も

「群馬だけではないです。ゲストの武井壮がボードを使って茨城県と栃木県の場所の説明をしているとき、中居が『どこでもいいよ』と興味がなさそうにしていたのを見て、さすがに怒りを覚えました。馬鹿にするのもいいかげんにしろと」

と中居の態度に憤慨している。

しかも、この中居の「一生行かない」発言を放送倫理検証委員会(BPO)の審議メンバー数名が問題としているという。

「この発言がどういう真意でなされたかは知りませんが、年間の外国人観光客が年間2千万名を超え、これからも増やそうという矢先に、こうした風潮に水を差すという点で、審査員数人が重く考えていると聞いています」(放送作家)


それでは、他の群馬の観光業者は中居の発言をどう感じているのだろうか。

「それは頭にきます。少しでも多くの観光客の方々に来てほしいのに、あんなことを言われては群馬のイメージが悪くなります。中居さんには群馬の名所を回って、よさを分かっていただきたいです」(高崎の旅行代理店スタッフ)


富岡製糸場は1872年(明治5年)に開業した繰糸所であり、今も重厚な雰囲気が歴史的な建造物だ。
日本の絹産業の技術革新と交流などにも大きく貢献した工場で、その建物は雰囲気があり、外国人観光客にも人気がある。

中居は興味がなかったかもしれないが、テレビ的にはもっと違った反応でもよかったのではないか。

「番組を見ましたが、制作したテレビ局は観光地同士が激しく外国人観光客を取り合っているという、観光業界事情を知らなかったのでしょう。そうでなければ、あんな無知蒙昧なやりとりにはならないはずです」(旅行ライター)



BPOに審議入りしてもしなくても、今後中居が群馬入りした時の県民の目は相当厳しいものになりそうだ。
中居正広