袴田吉彦の”ゲス不倫”で証明された、元カノ・瀬戸朝香の“男を見る目”とは?

袴田吉彦の元カノ・瀬戸朝香の“男を見る目”

1e4bef4aea606130880b4b2c0608e4ca


「週刊新潮」に30代のグラビアアイドルとの”アパホテル”不倫が報じられた、俳優の袴田吉彦(43)。

2人の出会いは、一昨年9月に行なわれた都内のパーティー。
そこで意気投合した2人だが、袴田は元グラドルの妻との間に女児をもうけている。

だが、その日のうちに男女の仲になり、袴田は女性に、「月収は固定で月100万円」などと吹聴していたという。

一部報道では、袴田が女性に「かわいい」などと声をかけたとされているが、女性は、袴田の”ゲスな部分”を見抜けなかったのだろうか…。


2人の逢瀬の場所は、ほとんどが格安で知られる”アパホテル”だったという。
しかも、袴田がホテル代を支払ったのは最初の数回だけであり、女性の友人からタクシー代を借りてそのまま返していないとされている。
年明けに袴田からの連絡がなくなったため、あまりの身勝手さに女性が週刊誌に打ち明けたというわけだった。

袴田は妻と別居しているといい、

「軽率な行動をしてしまった事を深く反省しています。お相手の女性にも大変申し訳ない気持ちでいっぱいです」

とコメント。

袴田について、ベテランの芸能記者はこう語る。

「91年に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞し、華々しく芸能界デビュー。当初はドラマなどで引っ張りだこでしたが、そもそも役者としての実力がなかった。しかも、若いころから同年代の俳優とつるんで飲み歩いて散財。その感覚が今も抜けていないのだろう」



袴田といえば、人気グループ・V6の井ノ原快彦(40)の妻である女優の瀬戸朝香(40)とかつて交際していたことが知られている。
夫の井ノ原はブレイクするまでに時間はかかったが、今やNHKの“朝の顔”に成長。大活躍している。
そう考えると、瀬戸は男を見る目があったようだ。