和田アキ子に明石家さんま…大物芸能人に見えてきた”カリスマの綻び”とは?

和田アキ子に明石家さんま、大物芸能人に見えてきた”ほころび”

Gree_159517_1


歌手の和田アキ子(66)が、1月29日に放送された読売テレビ『八方・陣内・方正の黄金列伝!』で音楽業界の裏金問題について触れ、注目を集めている。


番組の中で和田は、かつて同じホリプロに所属していた歌手の山口百恵が、レコード大賞や歌謡大賞など音楽関係の賞を一度も受賞していない「無冠の女王」であることに触れた。
「賞は獲りに行くもんじゃない」という当時のホリプロの社長の理念の下、関係者への接待などを行わなかったのがその理由だと解説。

さらに和田はこの話題に絡めて、

「昔はもう、リンゴの箱の下にさあ、札束があったりとか。という噂だよ」

などとコメントし、他事務所の裏金問題についてほのめかす発言もあった。

この和田のコメントは、昨年「日本レコード大賞」において大手芸能事務所の裏金問題を連想させたようであり、この発言にはレコード大賞関係者はもちろんのこと、長年受賞式を放送してきたTBS側も困惑しているという。

芸能関係者は、最近の和田についてこう話す。

「和田のトークはこれまで“御意見番”と言われる通り、自分の考えや意見を述べるものが中心でした。しかし最近では、今回のような芸能界の裏側を暴露する一面など、他人を出しぬく発言が急に際立つようになってきています。」


また、和田は自身の番組でお笑い芸人の出川哲朗(52)に対し、現役女子高生との淫行疑惑で無期限謹慎処分中の狩野英孝(34)に電話をかけるよう強要する一幕もあった。
この和田の行為についてもネットを中心に「パワハラ」と非難されており、「昔はご意見番だったのに…」と落胆する視聴者も多い。

大御所でありながら最近何かと批判されるのは和田だけではない。
明石家さんま(61)も、数々の冠番組を持っていながら「トークのブレ」がしょっちゅう話題になっている。

その原因のひとつとして考えられるのが、国民的アイドルグループ・SMAPの解散問題についてだった。

「もともとさんまは一時、60歳になったら引退することを考えていたと言われています。しかし吉本興業や後輩からの慰留があり、それを思いとどまっています。そんな中、昨年はSMAPの独立・解散騒動によって、SMAPの事情通ぶる態度が世間からひんしゅくを買いました。さらにその騒動でイメージを落とした木村拓哉(44)をプッシュする発言を連発し、自身の好感度を急下降させています」(前出・関係者)


さんまは、昨年放送されたフジテレビ系『27時間テレビ』内の『さんま・中居の今夜も眠れない』で暴走しまくり、リーダーをつとめていた中居正広(44)にSMAP騒動の詳細について、根掘り葉掘り聞く姿に疑問の声が寄せられた。
こうしたことも影響したのか、毎年放送されていたさんまと木村の特番であるフジテレビ系『さんタク』や、日本テレビ系『さんま&SMAPのクリスマススペシャル』は放送されないという事態に。

「昨年散々問題になったので、今年の『今夜も眠れない』は放送されない可能性もあります。さんまは『さんまのまんま』(関西テレビ)が、昨年に放送開始31年で幕を閉じました。こうした流れからも他のレギュラー番組も徐々に終了していくのではないかと言われているようです」(芸能レポーター)



少々過激な発言であっても、これまで「大御所であるがゆえ」という空気で許されてきた部分もあっただろう。
しかし、それが徐々に受け入れられなくなってきているとしたら…。

そろそろ視野に入れるべきは、やはり”引退”の二文字だろうか。