桐谷美玲の新ドラマが「放送前から不評」のワケとは?

桐谷美玲の新ドラマが「放送前から不評」のワケ

001_size6


4月からスタートするフジテレビ系の新ドラマ『人は見た目が100パーセント』で、女優の桐谷美玲(27)が”女子力ゼロの理系女子”を演じることが明らかとなった。

しかし、このキャスティングが世間の人から思わぬ批評を生んでいるようだ………。


『人は見た目が100パーセント』の原作は、大久保ヒロミの同名コミック。
“女子力”や“美”から目を背けてきた、製紙会社で研究職に就く理系女子の三人組が、自分たちが“女子モドキ”なのではないかと思いたち、美の研究に奮闘していくという物語だ。
桐谷は、まじめで地味な30歳の独身女子・城之内純を演じる。

桐谷といえば、雑誌『VOCE』(講談社)で「2016年“最も美しい顔”」に選ばれ、アメリカの映画サイト「TC Candler」が選ぶ「世界で一番美しい顔」ランキングでも38位を獲得するなど、“美”の代名詞的存在である。

そのため桐谷がキャスティングされたことに、実写ドラマ化のニュースを喜んでいた原作ファンはガッカリしてしまったようだ。

「元がかわいい子にやらせても意味ない! ミスキャストすぎる」
「こんなもん違和感ありまくりやぞ」
「本人が女子力ありまくるからな。イヤミかと思った」
「桐谷さんクラスに女子モドキとか言われたら自分は……」

と、複雑な心境のコメントが並んでいる。

芸能誌のライターは、ドラマのキャスティングの難しさについてこう話す。

「ドラマをヒットさせるには、主人公を演じる俳優の知名度の高さが不可欠です。しかし、そこばかりを意識したせいか、作品のテーマからズレてしまってるようなキャスティングが多々ありまして、現在放送中のドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)でも同じようなキャスティングミスが指摘されていました。このドラマでは“行き遅れ”に嘆きながら居酒屋で毎晩クダを巻く三人組の一人、山川香の役を榮倉奈々(28)が演じていますが、実生活で賀来賢人(27)と結婚したばかりということもあり、“まったく感情移入できない”とSNSには毎週冷たいコメントが上がっています」


確かに、誰も知らないような女優が主演だと、「観よう」という気持ちが起きにくいかもしれない。
番組プロデューサーは、今回の桐谷美玲の起用について

「主人公・純が必死にもがき、頑張る部分が、モデルだけでなく、女優・声優、そしてニュースキャスターと次々と活躍の場を広げ、常に新しいことに挑戦し続けていらっしゃる桐谷さんにふさわしいと思い、オファーさせていただきました」


としている。

果たして同ドラマは、「桐谷が主演で良かった!」「最高!」と言われるレベルの作品となるだろうか。
その鍵は、桐谷が握っている。