川谷絵音もハマりまくり!?ほのかりんに見る”メンヘラ女子”がモテる理由とは

ゲス川谷もハマった?ほのかりんに見る”メンヘラ女子”がモテる理由

img_cf82d50035636dd44f570bf32a904571148450


現在、活動休止中のロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカルをつとめる川谷絵音(28)と交際中のタレント・ほのかりん(20)が、「メンヘラすぎる!」とネット上で話題になっている。

事の発端は、彼女が自身のTwitterに書き込んだとされる「ある言葉」がきっかけだった。


世間からは非難囂々のふたりだが、その関係は大変良好な様子だ。
正月にはハワイ旅行も目撃されており、また1月30日放送のフジテレビ系『バイキング』では、ほのかがTwitterに投稿したハワイ旅行中のものと思しき写真を紹介。

しかし、そのうちの1枚になんと「しね」の文字が書き込まれていた。
このことで、「誰に向けられたメッセージなの!?」「楽しいはずのハワイ旅行の写真になぜ!?」とスタジオは一時騒然。
放送後、ネットにはこんなコメントが殺到した。

《ほのかりんの画像に隠れた「しね」怖すぎ》
《ほのかりんとかいうやつメンヘラかよ》
《ほのかりんのかまってちゃん具合&メンヘラ具合が相当ヤバイ…》


Twitterの中身もさることながら、すっかり“メンヘラ認定”されてしまったほのかりん。
だが実は、こうした“メンヘラ女子”は意外にも男性人気が高いという。
実際、番組を観たという男性たちはネットにこんな肯定的なコメントを寄せている。
 
《ほのかりんは20歳にしてメンヘラって感じがしていいね》
《ほのかりんメンヘラっぽいとこがめっちゃかわいいやん、顔もかわいい


なぜそこまで、メンヘラ女子は男子の心を引きつけるのか?
今までメンヘラ女子とばかり付き合ってきたという30代男性は、彼女たちがモテる秘訣についてこう分析する。
 
「“メンヘラ女子”はルックスがよくても、どこか自分に自信がない。だから自然と悩みを聞くことになり、男は『この人を守ってあげたい』となってしまう。また付き合うと楽しい反面、夜中に泣きながら電話が来るなど振り回されることも多い。要するにメンヘラ女子は“ブリっ子”と“ツンデレ”の進化系。一度ハマると、抜け出すことは困難です……」



川谷も、そんなほのかを「守ってあげたい!」と燃え上がっているのだろうか。
もう芸能界での居場所はほぼ無いに等しいほのかを守ってあげられるのは、事実上、川谷だけなのだから。