小林麻央の”病状の中身”を報じたメディアに批判が集まる「そんなことまで書く必要があるのか」

麻央
小林麻央の”病状の中身”を報じたメディアに批判が集まる

o0480064013836096820
出典:初夢


歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で、乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央に対して、喜びの声と心配の声が交錯している。


まず、麻央にとってもファンにとっても、嬉しい知らせが入ってきたのは2月2日のこと。
麻央さんのブログ『KOKORO.』が、Amebaの発表した『BLOG of the year 2016』の最優秀賞に選ばれたのだ。

「昨年9月1日に、乳がんの闘病記をブログにつづることを発表しました。これが日本だけでなく、世界の乳がん患者が勇気をもらっています」(ネットライター)


もう一つの朗報は、麻央が1月29日のブログで退院を報告したこと。
同日更新して『日向ぼっこ』と題し、帽子姿にミニスカートをはき、日光浴をしている写真を掲載した。

「写真を見る限り、一時よりかなりふっくらしたように見えます。それに肌のつやもいいような気もしました。画像の修正などはしていないでしょうし、治療は順調なのかな、と思いました」(同・ライター)


一進一退の麻央の病状であるが、この2月発売の一部女性誌の報道に批判が殺到している。
なんと、麻央が“会員限定”にしていた1月13日付のブログの内容を公開し、状況がよくないことを報じたのだ。

「胸に皮膚からの転移が見つかり、お腹にしこりが発見されたとしています。その上で麻央さんは『あとどれぐらい生きられますか』と医師に聞いたそうです。転載禁止のブログなので、かなりあやふやな言い回しですが、うそは書かないでしょう」(週刊誌編集者)


この件に関しては女性誌の記事のみで、多くのメディアはブログの詳細には触れていない。
この記事がネットニュースになるや、「転載禁止って書いてあるよね?」「知らせるためなら何をしてもいいの?」と疑問を抱く声が相次いでいる。

「なぜこの女性誌は、そんなことまで書く必要があるのか、多くのファンに心配のもとを作っただけ、などとメディア内でも批判の的になっています」(同・編集者)


そのような中でも夫の海老蔵は、2月3日に行われた節分会へ長女と長男を連れて参加。

「麻央さんを残して出掛けてきたのですから、快方に向かっていると考えたいです」(芸能評論家)



麻央は7日に更新したブログで、医師に「8月からの まおさんで一番顔色が良い」と言われたことを報告している。
ひとつひとつ苦難の山を乗り越えている海老蔵、麻央夫妻。

ただただ、見守っていきたいばかりだ。
麻央