ナオト・インティライミの”長旅宣言”に疑問の声も「子どもどうするの?」

ナオト・インティライミの”長旅宣言”に疑問の声も

GH2_7622


1月31日、ミュージシャンのナオト・インティライミ(37)が自身のブログを更新。
数か月の間、旅に出ることを明かしたが世間からは「家族はどうするの?」と疑問の声が上がっている。


ナオト・インティライミは、「親愛なるファン・インティライミの皆様へ」というタイトルでブログを更新。

「いつも応援ありがとう。なあ、ちょっといいかな? ちゃかさないで聞いてくれ。いつもふざけてばかりだけど、今から本気で話すから」

「ここ最近さ、自分自身、音楽への向き合い方が変わってきてるなーと感じていて」

「この6年間忙しくさせてもらってる中で、時間がなかったり余裕がなかったりして、なんだかね、追っていたはずの音楽に、気がついたら追われているような感覚だった」

「少しの間、旅に出ます。それも数ヶ月間」

「音楽を無邪気に感じる、、、そんな心をもう一度取り戻したくて旅に出たいの」

と、正直な気持ちを綴った。

ナオト・インティライミは、2005年に元R&B歌手の女性と結婚し、現在は3児の父親である。
そのため、突然の“旅宣言”には動揺したファンも多いようだ。ネットには

「え、奥さんと子どもはどうする気なの?」
「子どもがいるのに数か月旅に出ますって」
「家族も一緒なのかな? 子どもは学校あるから難しそうだけど……」

と、旅宣言に疑問を抱いたコメントも。

だが、女性誌のライターはこう話す。

「ナオト・インティライミは、2003年にも世界一周の旅に出て、28か国もの国を訪れたほどの旅好きです。それがブレイクの一因にもなりましたから、今回の旅は原点回帰ということかもしれませんね。また、彼は家族のことに関して公の場であまり発言したことがありません。そもそも妻子がいることすら、2013年に『週刊女性』(主婦と生活社)で報じられるまで、ほとんど知られていませんでした。本人があまり語らないからこそ、今回家族を心配する声が出てしまったんでしょうね」



ブログによると、ナオト・インティライミは今年の7月10日に「ナオトの日スペシャルライブ2017」を開催し、本格的に音楽活動に復帰するとのこと。
妻も音楽をしていたこともあり、理解はしっかり得ているのかもしれない。