松本伊代 「線路侵入ブログ」で京都府警から事情聴取5時間受けていた!!

001_size8
松本伊代、京都府警から事情聴取5時間受ける

001_size8


タレントの松本伊代(51)が、京都府警から5時間にも及ぶ事情聴取を受けていたことが分かった。

理由は、松本が1月14日に更新したブログで明らかになった”線路侵入”についてだった。


京都有数の観光地・嵐山。
JR嵯峨嵐山駅と隣接する嵯峨野観光鉄道は、トロッコ列車で京都四季折々の風景を楽しめるとあって人気が高い。
その2つの線路が並行するあるスポットで、1枚の写真を撮影したのが松本だった。

松本は、その写真をブログに掲載。

《京都、竹林の道の途中 踏切で優ちゃんとパシャリ》

と、往年の親友である早見優(50)との満面の2ショット写真だった。

だが、ふたりが立っているのは線路と線路の合間の敷石の上。
さらに、《その瞬間踏切が鳴り、慌てて逃げる2人》と逃げる様子も紹介した。

記事は瞬く間に炎上し、「線路進入は禁止と知らないのか」「危険すぎる」と批判の声が殺到した。
事態に気づいた伊代は、翌日すぐにその記事を削除し、

《私の不謹慎な行動にてご迷惑とお騒がせをいたしまして大変申し訳ございません》

とブログで謝罪した。

なぜ線路に侵入することになってしまったのか。テレビ局の関係者が説明する。

「2人は関西ローカルの旅番組の収録で京都に行ったんです。ロケは1月中旬に行われて、ブログがアップされたのは14日。問題の写真が撮影されたのはロケ2日目のことでした。番組スタッフは準備のために次のロケポイントに移動していて、あの場にいたのは伊代さんと優さんと事務所関係者だけだったんです」


また、松本と早見は30年来の仲であり、そのことについても

「仲の良さを見込んで一緒の仕事も多いんです。今回のロケ中もずっとテンションが高くて、撮影の合間もおしゃべりは尽きません。だから2人だけ残るという事態になってしまった。そのノリで侵入してしまったんでしょう」(前出・テレビ局関係者)

と語る。

鉄道の線路内への侵入は鉄道営業法のほか、往来妨害罪や不法侵入に当たることもある。
過去には電車を間近で撮影しようと、線路内に立ち入った男性が逮捕されたケースもあるのだ。
今回の伊代も謝罪して終わり、というわけにはいかなかったようだ。

「実はブログ炎上後に、京都府警から事情を詳しく聞きたいと呼び出しがあったんです。すぐに京都に向かったそうですが、事情聴取は5時間にも及んで、相当しぼられたそうですよ」(芸能関係者)



けが人などが出なかったことが、不幸中の幸いである。
001_size8