批判の矛先は嵐・松本潤に移った?葵つかさが陥った“二股愛”の代償

二股批判の矛先は嵐・松本潤に移った?

hqdefault


国民的アイドル・嵐の松本潤(33)の“二股相手”として報じられた、セクシー女優・葵つかさ(26)。
関係者の間では、「Twitterアカウントを削除した今も、心身ともに追い詰められた状態は変わらず、仕事にも影響が出ている」と、心配の声が広まっているという。

松本と葵の交際疑惑を報じたのは、昨年12月発売の『週刊文春』(文藝春秋)。
報じられてから1ヶ月以上が経った今でも、葵に対するバッシングは凄まじいものがある。

松本は以前から、女優の井上真央(30)と交際していると噂されており、松本ファンからも半ば公認扱いされていた。
二股疑惑が事実であれば井上を裏切っていたことになるのだが、松本ファンの怒りの矛先は葵に集中。
だが、業界関係者はこんな話をする。



「結局、葵は2月5日にTwitterアカウントを削除。やはり松本や嵐のファンからの猛クレームに耐えられず、心神耗弱に陥ってしまったようです。すでに活動は再開しているものの、撮り下ろしや写真集など新規の仕事は受けられない状態。周囲のスタッフは葵の体調を気遣っていますが、一部関係者からは『松本にも非があるのではないか?』といった苦言も聞かれます」


トップアイドルとのスキャンダルという点では、葵がバッシングされること自体は仕方がない。が、松本の“扱い”にも非はあるのではないか──というのが、見過ごされがちな点である。
彼女は決して遊び半分で交際していたわけではなく、松本との交際を「本気だった」と報じているところもある。
そして、松本との“逢瀬”もタクシー代は自腹で払って通うなど、充分尽くしていたのだ。

当初は松本と井上の交際を知らなかったとされる葵だが、知った時にはもう、戻れないほど深入りしていたのではないか。

「2人は交際していた4年の間に1度関係を“精算”したことがあるのですが、松本側からのアプローチによって復活してしまった。葵も途中から井上の存在を知っていたとはいえ、自分がファンよりは遥かに松本に近いポジションに居続けたことで、いわば“ファン代表”のような感覚で彼を支えていたようです。すでにこの報道や関係自体を“無かったこと”のようにしている松本は、あまりに勝手ではないでしょうか。葵が仕事もままならなくなっているのは、嵐ファンの攻撃のせいだけではなく、松本からのフォローがないことによるショックが大きいと見られます」


と芸能記者。

報道陣に対して、松本は葵を「知らない人」と答えた。
愛した人に関係どころか、存在までなきものにされてしまっては………。

仕事にも身が入らないのも、頷ける話である。