剛力彩芽がまた連ドラ主演!!視聴率悪そうに見えて、「実は爆死女優ではない」意外なデータがあった?

剛力彩芽がまた連ドラ主演「ゴリ押しもいい加減にしろ」の声

maxresdefault


女優の剛力彩芽が、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「女囚セブン」にて、無実の罪で収監される主役を務めることが分かった。
その剛力は、放送中のTBS系ドラマ「レンタルの恋」にて平均視聴率1.8%と大爆死中だ。

それでも次の主演ドラマが決まったことで、「ゴリ押しもいい加減にしろ!」との声もあがっているのだが、そんな剛力についてテレビ誌のライターは「爆死女優ではない」と語る。

一体、どういうことなのか?



「注目したいのは『女囚セブン』が放送される金曜ナイトドラマ枠。剛力はこの枠で3年連続で主役を演じており、毎回そこそこの数字を稼いでいるのです。前3作品の平均視聴率は6.8%、6.1%、5.6%で、現在放送中の『奪い愛、冬』が6.0%ですから、なんら遜色ありません。この枠に限っては、剛力は爆死女優ではないのです」


そんな金曜ナイトドラマに対し、他局が制作するドラマは「レンタルの恋」や昨年4月期の日本テレビ系「ドクターカー」、さらには2013年1月期のフジテレビ系月9ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」など、爆死作品が少なくない。

この差はなぜか。

「テレビ朝日は剛力の所属するオスカープロモーションと密接な関係を築いており、国民的美少女コンテストの生中継や、剛力がMCを務めるアイドル番組『GO!オスカル!X21』も担当。そんな関係性のおかげなのか、テレビ朝日には剛力を上手く活かすノウハウがあるのかもしれませんね」(前出・テレビ誌ライター)



もしも、剛力を使ったこのドラマで高視聴率が記録できたら、他局はその秘訣をテレ朝に聞いた方がいいだろう。