福山雅治の人気に翳り…『そして父になる』を手がけた是枝監督と再タッグを組むもファンが悲観するワケとは?

0_27515
福山雅治がファンに悲観されるワケ

0_27515


歌手で俳優の福山雅治(48)主演の映画『三度目の殺人』の追加キャストが発表された。
人気女優の広瀬すず(18)ら豪華キャストが加わるということで注目を集めているが、この作品に不安を感じているファンもいるようだ。



「この映画は、福山が主演した2013年の映画『そして父になる』を手がけた是枝裕和氏(54)が監督を務め、福山は勝ちにこだわる弁護士という役どころです。発表された追加キャストを見ると、広瀬すず以外に、斉藤由貴(50)、橋爪功(75)、吉田鋼太郎(58)など実力派が顔をそろえていて、製作側の本気度がうかがえます。福山が是枝監督と再びタッグを組むということで注目されていますし、福山と広瀬の初共演も話題になるはずですが、ひとつ気になるのは、福山の人気にかげりが見えていることでしょうか」


と話すのは芸能誌の記者。
事実、今回の映画に関しては”期待”よりも、”不満”や”不安”の声が多い。

「福山雅治で大丈夫かな、この映画」
「広瀬すず投入して数字稼げるかね~」
「豪華な俳優で脇を固めたけど福山さんかぁ」
「結婚してドラマもコケたし、どうなることだろ」


などの書き込みがみられる。
それほどまでに、福山の人気には翳りが出ているのだ。

福山といえば、2015年に女優の吹石一恵(34)と結婚。それ以降、出演する作品の不振が話題になっている。
結婚前に出演していたフジテレビ系月9の人気ドラマ『ガリレオ』は、2007年放送の第1シーズンで全話平均視聴率21.9%、2013年放送の第2シーズンで19.9%といずれも高視聴率をマークした。
しかし結婚後の2016年に出演した、同じくフジテレビ系月9ドラマの『ラヴソング』に至っては全話平均が8.5%と、当時の月9ワースト記録を更新してしまったのだ。

また、2016年に主演を務めた映画『SCOOP!』も、初週興行収入1億5600万円で動員数は12万7000人。大きな話題とはならなかった。
結婚前に出演した『そして父になる』の初週興行収入3億1318万円、動員数25万3370人と比べると、およそ半分にまで数字を落としていることになる。

これでまたコケたら、福山の不人気ぶりが完全に露呈することになるため、本人も内心ビクビクしているのではないだろうか。
『三度目の殺人』は9月に公開予定だ。
0_27515