向井理が「俳優として恥を知れ」とブーイングの嵐を受けたワケ

140688
向井理が「俳優として恥を知れ」とブーイングを受けたワケ

140688


笑福亭鶴瓶とゲストがテレビ局のスタジオで、台本ナシのぶっつけ本番即興芝居を演じ、録画されたその即興芝居について語り合うTBS系のバラエティ番組「鶴瓶のスジナシ!」。

同番組は1998年10月から2014年6月までレギュラー放送されていたが、それ以降は「劇場スジナシ」と銘打ってテレビと同様の内容を劇場で演じるようになり、その様子が不定期にテレビ放送されている。

3月1日には赤坂BLITZシアターで、俳優の向井理がゲストで即興芝居を演じた。
3日後の3月4日深夜にテレビ放送されて話題になっているのだが………。


舞台関係者が、なぜ話題になっているのか理由を語る。

「実は2月27日には黒木華が向井と同じ劇場で即興芝居を演じ、その日の深夜にテレビ放送されていたんです。これが素晴らしい出来栄えで、ツイッター上では『黒木華 スジナシ』がトレンドワード入りしたほど。鶴瓶のアシスタントとしてフリーアナウンサーの中井美穂も出演していて、中井は黒木のことを舞台マンガ『ガラスの仮面』のヒロイン北島マヤのように芝居が上手いと絶賛し、『恐ろしい子』とまでコメント。視聴者からも『黒木は天才女優』『即興芝居とは思えない緻密さ』『百戦錬磨の鶴瓶が黒木に押されてる』といった称賛コメントが噴出しました。向井はそんな“黒木祭”が冷めやらぬ状態でのテレビ放送となったため『少しは黒木を見習え』『俳優として恥を知れ』など、ブーイングの嵐が起きています」



かねてから演技力について賛否のあった向井。
これを機に演技力の向上となるか?
140688