テレビ界のドンと言われやりたい放題、テーブルの下に潜るよう命令。楽屋にバ○ブ持参で挨拶したアイドルも。島田紳助喜び組の実態とは?

親分紳助が抱いた芸能界の「愛人」たち。「超人気グラドルがバイブを持って楽屋を訪ねて…」

島田紳助が芸能界で築き上げたのは、ヤクザ組織と見まごうばかりのファミリーだった。
引退時点でレギュラー本数6本を誇り、全ての番組で視聴率を荒稼ぎ。島田紳助(55)はテレビ界で絶大な力を持っていた。そんな権力者のもとには、数え切れないほどのオンナたちが集まってきたものだ。仮に見返りを求められたとしたら、彼女らは〝親分〟に逆らうことができただろうか──。

次のページは

電撃引退会見の裏では・・・