※閲覧注意 葬儀場に侵入し、遺体をレイプ…中国農村にはびこる「死姦マニア」と「遺体売買ブローカー」が恐ろしい

136153642435113107418_haka
葬儀場に安置されていた女性の遺体が…
136153642435113107418_haka

中国遼寧省瀋陽市内の葬儀場に安置されていた女性の遺体が、何者かに性的暴行を加えられるという事件が発生した。
10月20日付けの「新浪新聞」によると出棺当日の早朝、遺族が遺体を見に行くと、着せていた服がめくれ上がり、下半身が露出した状態になっていることに気づいたという。

また、化粧の一部も剥げ落ちてしまっており、何者かによって荒らされた形跡があった。
当初、遺族は棺桶の中に入っていた金目のものや、遺体の内臓などの器官を狙った窃盗犯の仕業と考え、警察へ通報。
その後、現場検証が行われると、信じられない事実が判明した。

遺体を解剖したところ、女性の遺体には犯された痕跡が見つかったというのだ。

館内に設置された監視カメラを確認すると、若い男が深夜に窓から安置所に侵入。
15分ほど滞在して出ていく様子が収められていた。
警察はこの防犯カメラの映像と女性の体内に残されたDNAから、葬儀場の付近に住む22歳の男を逮捕。
警察の取り調べによると、この男は過去にも同様の行為をしていたことを認めたという。

閲覧注意で、防犯カメラに写されていた写真の一部を次のページで公開する。


スポンサードリンク

136153642435113107418_haka