原発避難の小4男児に担任が「菌」発言 福島県で最大震度5弱の地震が発生したその日に

福島県で震度5の地震が発生したその日に…

Class room

Class room




また、原発避難の子供がいじめの被害に遭った。しかも、担任教師からの暴言だ。

新潟市の小学4年の男子児童が、担任の40代男性教諭から名前に「菌」をつけて呼ばれ、1週間以上学校を休んでいることが、保護者や学校への取材で分かった。
児童は5年前、東京電力福島第一原発事故で福島県から家族と避難しており、同級生からも名前に「菌」を付けて呼ばれ、この担任に相談していたという。


保護者によると児童は先月11月22日、担任から昼休みに教室で連絡帳を渡された際、他の児童がいる前で自分の名前に「菌」をつけて呼ばれたという。
この日は早朝、福島県で最大震度5弱の地震が発生。児童は福島県で働く父親と連絡が取れないまま登校した不安感も重なり、強くショックを受けた様子だったという。翌日の祝日をはさみ、24日から学校を休むようになった。

児童は2011年の東日本大震災後、家族と新潟市に自主避難した。
保護者によると理由は定かではないが、小学3年の頃から仲間はずれにされたり、一部の同級生から名前に「菌」をつけて呼ばれたりするようになったという。
4年に進級すると、同級生に文房具を捨てられたり、傘を壊されたりもしたというが、児童は保護者に

「守ってくれる友達もいる。大丈夫だよ」


と話していた。

ところが先月11月に横浜市に自主避難した中学生が名前に「菌」をつけて呼ばれて不登校になった問題が報道されると、落ち込んだ様子になったという。
保護者らは「自分も深刻ないじめを受けていると自覚したためでは」とみている。

心配した保護者の勧めで、児童は11月17日、担任に「自分も名前に『菌』をつけて呼ばれている」と相談した。
それにもかかわらず、相談から5日後、担任がその呼び方で児童を呼んだとされる。

これを保護者が問題視して学校に連絡。
学校が担任に事情を聴くと、担任は当初、

「相談を受けているわけだし、私は絶対にそういうことは言わない」


と否定した。

だが11月29日、別の教諭らがクラス全員に聞き取り調査をした結果、複数の児童が「自分もそう呼んでいた」「担任の先生もそう呼んだ」などと答えたというのだ。
校長によると「担任は『認識不足だった。何とかして謝罪したい』と話している」と言い、学校側は発言に問題があったと認めている。
新潟市教育委員会も問題を把握し、詳しい経緯や状況について調査している。
市教委教職員課の吉田隆課長は「福島は帰りたくても帰れない状況で、お子さん、ご家族につらい思いをさせているのは残念。適切な対応をしていきたい」と話している。

これを受けてネットでは怒りが飛び交っている状況だ。

この担任は教師以前に人として最低だ。

認識不足って?
最近は信用ならない先生が多い。

教師をやめて欲しい。
ありえない。
ふざけるな、と子どもをもつ親として思う。

謝罪だけで許せる問題ではない。加害者が平然と学校に行ってることが腹立たしい。

先生になってはいけない人だった

さすがに、これは担任がアウト。

精神的に未熟な人が教師になるなと言いたい。
このお子さんが立ち直れるように祈っております。



恐らく、今回の件も氷山の一角に過ぎず、まだまだ避難先でいじめに遭っている児童もいるだろう。
素早い対応と、児童の心のケアにつとめてほしい。