62歳の保育所経営者が、5歳女児に“わいせつ” で逮捕!!女の子が母親に被害を相談

62歳の保育所経営者が、5歳女児に“わいせつ” で逮捕

990547b2369c6b45c0b57090348e8aa5_content


自分が経営する保育所に通う5歳の女の子にわいせつな行為をした疑いで、62歳の経営者の男が逮捕された。


強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、山口市吉田の保育所経営者・細見守容疑者(62)。
警察によると細見容疑者は去年11月、自身が経営する山口市内の認可外保育所で、保育所に通う当時5歳の女の子の下着の中に手に入れるなど、わいせつな行為をした疑い。

女の子は帰宅後に母親に被害を相談し、その後、母親が警察に通報したことから事件が発覚した。

別な幼児の保護者は細見容疑者に対し、

「お子さん大好きな、すごい本当に優しい先生ですよ」

と語る。

また、警察の調べに対して細見容疑者は

「そんな事実はない」


と、容疑を否認している。