女児虐待で逮捕されたのは、28歳の女と18歳の男子高校生!!虐待指摘され、「シングルマザーの大変さ分かってるの?」と説教

虐待
女児虐待で逮捕されたのは、28歳の女と18歳の男子高校生

abuse-comic


また、凄惨な虐待によって逮捕者が出てしまった。

28歳のシングルマザーと、10歳年下の高校3年の男子生徒(18)が4歳と3歳の女児を殴りケガを負わせたとして今月3日、傷害の疑いで茨城県警に逮捕された。
このカップルは、真冬の屋外に女児を下着1枚で放置したこともあると言い、その言い分は常軌を逸していた。


逮捕されたのは、茨城県ひたちなか市の今村智絵容疑者と県立高校に通う18歳の男子生徒。
県警によると、昨年(2016年)12月に今村容疑者と男子生徒が、今村容疑者の4歳と3歳の娘に暴行を加えて全治2週間のケガを負わせた疑いがもたれている。

ところが、取材を進めていくと虐待の事実が他にも出てきたという。

今村容疑者は数年前に離婚し、飲食店で働きながら2人の女児を育てていた。
昨年の夏頃から今村容疑者の自宅に、男子生徒が頻繁に出入りするのを近所の人に目撃されている。
今村容疑者の母親によると、男子生徒と知り合ったのはネットの出会い系サイトなどではなく、「たまたまであった」らしい。

通常、成人している自分の娘が10代の高校生と交際していると聞けば、疑問に思うであろう。
ふたりが交際をはじめるにあたり、今村容疑者の母親も娘にたずねたという。

「私が、それ高校生なの?って聞いたら『そうなんだよね』というんで、それ普通に考えてまずいでしょうと反対したら『そうなんだよね~』『でもね~』と言いながら交際をスタートさせた」

と、母親は語る。

母親がもっとしかっかり止めるべきだった…との指摘も勿論あるであろう。
だが、28歳の娘がそのような意見をしっかり聞き入れられるかといえば、難しい話ではないか。

そして、異変が起きたのは昨年12月初旬。
近所の人の話によると次のようなことがあった。

「夜中に子どもの泣き声が聞こえたので心配になり見に行ったら、すると今村容疑者の玄関で、女の子がギャーギャー泣きながら下着一枚で玄関の戸をどんどん叩き『助けて』って。真冬の屋外ですからもう尋常じゃなかった」「そのあと男が出て来て『早く入れよ』って胸倉掴んで引きずって行った。虐待ですよねって言ったら、男は『どこが虐待なんだ。なにを知ってそんなこと言ってんだ』とすごく怒ってましたね。そこへ今村容疑者が駆けつけ『何んなんだ。シングルマザーの大変さ分かってんの?』とすごかったです。30分間説教ですから」。


今回の虐待について、男子生徒は取り調べに対し

「殴ったことは間違いないけどケガについてはわかりません」

と、容疑の一部を否認しているという。

一方で今村容疑者は、

「私は叩いていません」


と容疑を否認。

今村容疑者は、母親に「止めることは出来たよね?」と問われた際、「できなかった」と話したという。
虐待