長友退場劇に憤怒のインテル指揮官 「ウソをつくなら家に帰れ!」これは誤審だろぉ(涙)

長友ナポリ動画
長友ナポリ動画

30日のナポリ戦で4試合連続スタメン出場を果たしたインテルの日本代表DF長友佑都。

しかし前半33分、少し触れただけにしか見えないプレーに敵が激しく痛がる。
このプレーで、なんとイエローカード。
何度見ても、少し触れただけで、足はかかっていない。。。

長友ナポリ動画1

そしてカジェホンはピッチに倒れ込んで腰のあたりを押さえて激しく痛がっていたが、
長友に警告が出されるのを確認すると、何事もなかったかのように立ち上がってプレーを始めた…

そして前半44分に厳しいタックルを行い、この試合2枚目のイエローカードを受け退場処分に。
結局インテルの1-2負けで首位陥落の憂き目を見た。

長友ナポリ動画2

インテルのロベルト・マンチーニ監督は主審に激怒。

「ウソばかりを言われているし、そんなことをするなら家に帰れ! 誰があの1つ目のプレーをイエローカードに値するファウルだなどと言えるのだ。カジェホンはトラクターにでも轢かれたようにシミュレーションをしただけではないか!」

などマンチーニ語録に残りそうな“名言連発”で不満をぶちまけている!

さらに、

「我々はサッカーをしているのであって、バスケットボールをしているわけではないんだぞ!
あんな前半の40分にもならないうちの中盤でのファウルにイエローカードなど出すものではない。
奴らにとっては、美女とデートするよりも選手を外に放り出すことが重要なんだろう。
ビッグゲームのたびに10人対11人にされたら、たまったもんじゃない」

マンチーニ監督は完全に怒りを爆発させた。

審判が試合を台無しにするのは、ほんと許せない。
また八百長疑惑が出てもおかしくないほど、今期のインテルは笛に恵まれていませんね…。

こちらの長友タッチ集動画で是非ご確認ください。
きっと怒りがこみ上げてくることでしょう。

長友ナポリ動画