路上で瀕死のハチドリを救った犬!→その後、厚い信頼関係で結ばれることに…

もう死んでいると思われたハチドリの前を…

73204f78964c7be592f36aed63992cd4_content



アメリカ・カリフォルニア州で飼い主のエド・ガーノンさんと散歩をしていた犬のレックス。

路上で一匹のハチドリが地面に落ち、蟻にたかられているのを見つけました。
ガーノンさんはハチドリはもう死んでいると思い、そのまま通り過ぎようとしましたが、
レックスはなぜか、頑なにその場所を動くことを拒否。

ガーノンさんがハチドリを手に取ると、まだ生きていることが分かりました!

そのまま家に連れて帰り、看病すると、数週間の間にハチドリはみるみる元気を
取り戻していきました!

そして現在、レックスとハチドリは厚い信頼関係で結ばれていることが
次の映像からも伝わってきます。





ハチドリが元気に飛び回る姿を、嬉しそうにみつめるレックス。

「犬」と「鳥」

違う生き物同士であっても、心で繋がっていることがよく分かります。

ハチドリも、瀕死だったとは思えないほど元気を取り戻しました!

この1匹と1羽が、いつまでも仲良く暮らせるといいですね。