スピードワゴンの井戸田 父の葬儀で漫才「喜んでくれていたらうれしい」

父の葬儀で、漫才を披露

news_header_1020_b_001


お笑いコンビ・スピードワゴンが今月19日、都内で行われたイベントに出席。

先日、井戸田潤(43)の父・富隆(よしたか)さん(享年・83)が死去したことが明らかになった。
これに対し、井戸田は

「覚悟はできていた。寂しいし悲しいけど、仕方がない。運命ですから」


と気丈に語り、父の葬儀で漫才を披露したことを明かした。


news_header_dsc_7330


葬儀・告別式にはコンビそろって参列。
井戸田が親族代表としてあいさつした際、

「『小沢さん前に来て!』と言われて、お父さんの棺桶の前に呼び出されて、いきなり2分くらいの短めの漫才をした」


と、相方の小沢一敬(43)が告白した。

突然のことだっただけに戸惑ったそうだが、

「お父さんの旅立つ日になかなかのことを経験させていただいた」
「(井戸田の)お父さんもお母さんも明るい方なので、(漫才は)ウケなかったけど、やってよかったなと思いました」


と振り返った。

井戸田も、

「言葉が合ってるかわからないけど、華やかなお葬式でした。喜んでくれていたらうれしい」


と話した。

ユーザーからは、

一般的には『不謹慎』な行動だろうけど、芸人として頑張っている『息子・潤』から父への『決意表明』『感謝の形』なんだろうな
いきなり呼ばれたにも関わらず、しっかり漫才をこなしたセカオザさん、良い相方ですね

素晴らしいと思うなあ。

弔い方は人それぞれだ。それこそプライベート、家族の問題であり、無関係の私たちが不謹慎だのなんだの批判する立場にない。(無許可で他人がやればもちろん問題だけど) でも参列者にはビックリした人がいたかもしれませんね。

人それぞれの送り方があっていいと思う

肉親との死別は人生で一番のストレスと言われるほど悲しいものだ。
そんな中、スピードワゴンさんは本当に良い葬式にしたんだと思う。
きっと喜んでるでしょう。

何でもかんでも暗くやれば良いってもんじゃないからな

良い話だと思います。

きらいじゃない


とのコメントで溢れた。

芸人として、父の最期を見送った井戸田。
その姿は、きっと父親にも素晴らしく見えているだろう。