20歳で施設から引き取られた老猫。それから2年間、 “最期の時”まで幸せ一杯に過ごす姿に、涙が出る…。

20歳で、施設から引き取られた猫

46124bfef2c0d4d0b068f571e32b801f_content

動物保護施設『Best Friend Animal Society』に保護されてから久しい猫のデクスターはその年、とうとう20歳という大台に乗っかった超ご長寿の老猫さんでした。

誰かに引き取られていく猫は往々にしてやはり可愛い子猫が多く、高齢なデクスターを引き取りたいなんていう奇特な方が現れることはもうないだろう、と職員さんは既に諦めモードだったそうです。

ところが!

そんなデクスターにまさかの里親のオファーが来たのです!
それは3匹のワンコと2人の息子がいる大家族のウィリアムス家。デクスターは齢20歳にして、念願の家族が出来たのでした♪

そこから2年間、デクスターの涙の出るような日々がはじまりました。


よろしくにゃ♪

f7106d963891795ca2c29f48ace5eb82_content

ウィリアム家のワンコともすぐに仲良しに!

2e633a567b23d1faf4f3e2336bc4ae27_content

長い間過ごした施設を離れ20歳にして環境が大きく変わったデクスターでしたが、彼はそんな環境の変化をものともせず、もはや長老の域に達したその落ち着いた物腰でウィリアムス家にもすぐに順応したそうです。

295161d4bcd6e12ca517d925309bd253_content

二人の息子さんからもこの上なく愛されるデクスター♡

5f414dafcb76e64f24b89746d344a968_content

そんなデクスターの朝は早く、毎朝4時半には起床して渋みのある独特な声でみんなを起こしてご飯を要求しました。

もうハウスルールは完全にデクスターを中心に回っていて、そんなウィリアムス家とデクスターの幸せな生活が始まってから早くも2年、デクスターは22歳となりました。

12cb96e550a29f80dacc9eec12925ada_content

相変わらず元気いっぱいだったデクスターですが、その時は刻一刻と迫っていました。

それは彼が22歳となってしばらく経った、2016年10月21日の朝のこと。
いつものように早起きをしてこなかったデクスター、そんな彼にご飯を用意しても食べようとはせず、その姿からウィリアムス家はみな“その時”がもう間もなくであることを直感したといいます。

同日午後、家族みんなに見守られたまま、デクスターは22年という長い長い猫生の幕を閉じました。

あまりに突然の死に、悲しみに包まれるウィリアムス家。
ですが、デクスターを最初に引き取ることに決めた頃から、ママのジル・ウィリアムスさんはもちろんこの日が来ることは覚悟していたと言います。

「彼ともっと早く出会っていれば、そう思わずにはいられないけど、でも22年も生きてくれたデクスターだったからこそ、私たちは彼と出会えたわけで、一緒に過ごすことが出来たわけで。だからやっぱり“もっと早く出会っていれば”なんていうのは意味のない後悔だ。運命というものがあるとするなら、これが私とデクスターの運命。そしてその運命は私たち家族にとってもデクスターにとっても間違いなく最高のものだった。2年という短い間だったけど、私たち家族はデクスターのことを絶対に絶対に忘れない。愛を込めて、安らかにおやすみデクスター」



”何事も遅いなんてことはない。”
そんな言葉が心に響く、老猫デクスター、最高の2年間でした。

832105aa33fb2e7d988a043ee614137b_content
出典:LoveMeow