村上ショージ、明石家さんまが涙見せない理由に感激

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99
村上ショージ、明石家さんまへの「感謝」を語る

g20150505010292850_view


お笑い芸人の村上ショージが5日、フジテレビ系「ノンストップ!」のインタビューに応じた。

そこで、決して涙を見せない明石家さんまから言われた言葉を紹介し、「ここまでこられたのは、さんまさんのおかげ」と改めて感謝した。


番組では、芸歴40年を迎えたショージをインタビュー。
ショージはその中で、常に面倒を見てもらってきたさんまへの思いを語った。
ショージはかつて、勝手に布団を買い込んでさんまの事務所に住み続けていたと言い、

「ベランダで勝手にニラを植えたら、カラスにつつかれて砂まみれになってえらい怒られた」


と、当時の思い出を披露。
だが、そのさんまが女優の大竹しのぶと結婚した時には「ずっとさんまさん中心の生活だったので、柱がなくなった。路頭に迷った」 と語るも、その後さんまが離婚し、「これでまた安心してご飯が食べられる」と喜んだことも明かした。

そして、今まで38年間、さんまと一緒に過ごしてきたショージでもさんまの泣いた姿は見たことがないという。

「(さんまの)お父さんが亡くなった時も、お通夜とか行かせてもらったり、いろんな場面を見ているけど、さんまさんの涙を見たことがないって言ったんです」




すると、さんまから返ってきた言葉が


実は、お前が死んだ時のために涙を残してんねん



ショージは「すごく素敵な言葉で…。さんまさんがいたから今も芸人でいられる。ありがたい」と感謝していた。
%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99