心霊ちょっといい話:学生の頃、とてもお世話になったおじいさんが亡くなった

%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%99%e3%81%84%e3%81%95%e3%82%93
学生の頃、とてもお世話になったおじいさんが亡くなった

ee0bee96


学生の頃、とてもお世話になったおじいさんが亡くなった。

目をつぶり、心の中で話しかけようとした時…。



13/03/08
もういない人がいるように感じた経験。

去年の秋、学生の頃とてもお世話になったおじいさんが亡くなった。

俺は学生当時、地元の漁協に出入りしていて、そこで知り合ったそのおじいさんから地域の川や海での遊び方を教わってた。

釣りキチ三平でいう一平じいさんみたいに話の分かる人で、秋から冬にかけては川に上ってくるサケを獲るのを手伝ったり、カモ鍋を作ったり、夏は海で魚突き、山の秘境で風穴探検、とにかく遊びの師匠みたいに思ってた。

その後俺は大学を卒業して遠くの土地に就職してしまったけど、夏に帰省した時は必ずあいさつに行っていた。

社会人も3年目になった去年の秋、おじいさんは唐突に亡くなった。癌だったらしい。

葬式には出れなかったから今年になって、正月で帰省したときにおじいさんの家へ水向けに行った。このスレに書き込む気になった体験はこの時のこと。

仏壇の前に正座をし手みやげを供え、合掌して目をつぶり心の中で話しかけようとしたら、予想外にも

「おお、〇〇さん(俺の名前)良く来でくっだのwww」

と、懐かしい、バリバリの方言のおじいさんの声が聞こえてきた。

はっと仏壇を見上げて見たけど、やはりそこにあるのは満面の笑顔のおじいさんの遺影のみ。

その瞬間にもそれが己の気のせいであることは疑わなかったけど、どうしてもその場に広がった、故人と談笑してたときのような温かな雰囲気は、今でも否定出来ない。

それは、社会人になってから夏に久しぶりに会うときのおじいさんのリアクションそのものだったし、その声を聞いてなぜか俺の心が晴れ渡ったから。

空耳と言えばそれまでのことで何のインパクトもない話だけど、不思議と印象に残ってるので投下。


%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%99%e3%81%84%e3%81%95%e3%82%93